五十嵐カノアが2016年QS6,000イベント@ブラジルで優勝!今季二勝目でWQSランクトップへ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

五十嵐カノア Photo: WSL

五十嵐カノア Photo: WSL

ブラジルのフロリアノポリスで開催されたQS6,000イベント「Hang Loose Pro Contest 30 Anos」。QS10,000イベントに次ぐグレードの同イベントは今季終盤とあり、WCT入りを目指すWQSサーファー、WCTでトップ22入りが厳しいWCTサーファー、ガブリエル・メディナといったブラジル出身トップサーファーなどが参戦。

WSLが運営するプロサーフィンツアーの「WCT」と「WQS」について

そんなハイレベルなイベントを制したのが、9月にスペインで開催されたWQSイベントでの優勝に続き、今季WQSイベントで二勝目となった五十嵐カノア「Kanoa Igarashi」(19歳)。

スペインのQS6,000イベントで五十嵐カノアが優勝!来季WCT残留の可能性を高めることに

今回の記事は、同イベントのハイライト映像や五十嵐カノアのランキングについてお届けします。


スポンサーリンク



ワールドツアー最終戦となるパイプマスターズを前にした現在、WCTランキング24位のカノア。来季のワールドツアー残留はトップ22のみとなるので、際どいポジションです。

しかし、WQSランキングでトップ10入りしてもワールドツアー残留は可能であり、今回の優勝でカノアはWQSランキングトップへとジャンプアップ。この結果により、パイプマスターズの結果を問わず、来季のツアー残留が確定しました。

2016-mens-wqs-rank-as-of-11-6
全WQSランキングはこちら

ツアールーキーとして参戦しているWCTでは一コケこそないものの、厳しい状況に置かれているカノア。しかし、WQSでは今季のチャンピオンになる可能性が見えてきましたね。

イベント優勝時のカノアのコメントは以下の通り。

今年もブラジルで優勝できて最高だよ。CTにクオリファイするために好成績が必要だった点は、去年と似たような状況だったね。これで余分なプレッシャーを感じずにハワイに行けるから、ハワイでは存分に楽しむよ。

昨年、ツアー入りが決まった際に楽しみなイベントの一つとして挙げていたのがパイプマスターズ。ツアー残留のプレッシャーがなくなったカノアが、オアフ島ノースショアのパイプラインでどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみです。

五十嵐カノアが優勝したイベントの最終日ハイライト

五十嵐カノアの最近の過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

五十嵐カノアやジェレミーなどクイックライダー勢揃いの2016年フランスセッション

五十嵐カノアとジークがタヒチへ!サーフ業界復帰したDCシューズの初トリップ

五十嵐カノアとレオがザルツブルク(オーストリア)でリバーサーフィン

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)