• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
Photo: Red Bull Heavy Water

Photo: Red Bull Heavy Water

以前にお伝えしたレッドブルによるエクストリームなSUP(スタンドアップパドル)イベント「レッドブル・ヘビー・ウォーター(Red Bull Heavy Water)」。

SUPの長距離レースでありながら、波のサイズがフェイスで10フィート以上の時に開催という信じられないイベントです…。

レッドブルが開催予定の強烈なSUPイベント「Red Bull Heavy Water」@サンフランシスコ

今回の記事は、カリフォルニアのサンフランシスコを舞台にレッドブル・ヘビー・ウォーターが10月19日に無事開催され、イベントのハイライト動画が公開されたのでお届けします。


スポンサーリンク



会場となったサンフランシスコでは、フェイスで10フィートほどの波が押し寄せるコンディションの中でスタート。フェイスで10フィートという事は、ハワイアンスケールで5フィートほどなので、最大サイズでダブルオーバーヘッドに少し届かない程度。

このダブルオーバーヘッドというサイズは、SUPではスーパーハード。SUPはボード上に立てるほど浮力があるので、パドルアウト時はドルフィンスルーなどできるわけもなく、ブレイクする波へと突き進むのみとなるためです。

Photo: Red Bull Heavy Water

Photo: Red Bull Heavy Water

無事にアウトに出れたとしても、アウトではアウトでバックウォッシュ、風波、グランドスウェル、カレントなどに翻弄されるので、運にも大きく左右されるイベントとなったそうです。

そのようなイベントだけに、世界中から選りすぐりのウォーターマンが15名出場したものの、ゴールまで辿り着けたウォーターマンは10名に留まったほど過酷であったとのこと。

オーシャンビーチからゴールデンゲートブリッジまでの約12キロのコースが舞台となった同イベントの結果は以下の通りとなります。

1st:コナー・バクスター(1時間11分32秒)

2nd:カイ・レニー(1時間12分15秒)

3rd:ゼイン・シュウェイザー(1時間13分22秒)

イベントの関連記事
  • バリ島パダンパダン開催のビッグウェイブイベント「リップカールカップ@2016」
  • エディイベントのハイライト動画&優勝したジョンジョン・フローレンスの心境
  • 2015/2016年シーズン「タイタンズ・オブ・マーヴェリックス」の結果
  • グロムサーチイベントから見る現在のバリ島チャングーのコンディション
  • ビッグウェイブ到来ならずで「Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」キャンセル
  • 女性トッププロ×ピンクリボンのチャリティイベント「Battle for the Breasts」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事