• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
Photo: Body Glove

Photo: Body Glove

真冬になると必須アイテムとなるサーフブーツ。素足の感覚に慣れていてサーフブーツを毛嫌いする方は多いと思いますが、寒さには勝てずにやむを得ず履いている方もいるのではないでしょうか。

サーフブーツはサイズ別で販売していますが、人それぞれに微妙に足の形が異なっていたりと、完璧にフィットすることがない点も敬遠される理由の一つかもしれません。

今回の記事は、これまでのサーフブーツのイメージを覆すかもしれないボディグローブ(Body Glove)によるサーフブーツ「RED CELL BOOTIE」についてお届けします。


スポンサーリンク



サーフブーツにおける最大の問題としては、足の形がブーツに対して完璧にフィットすることがほぼない点。すると、踏ん張った時に微妙にずれたり、浸水してきた海水が溜まったりといった問題に繋がります。

そこで誕生したのが、手軽に自分でブーツの形を変形させ、カスタムフィットさせることが可能なボディグローブのブーツ。

熱を利用した変形方法は以下の通り。

1. 沸騰させた熱湯をブーツ内部の半分くらいまで注いで5分ほど待機。

2. 5分待機後はブーツからお湯を流し、その後は素早く冷水ですすぐ。

3. ブーツを履いて、足の形を型作るまで5分ほど待機。

以上のシンプルな工程により、自分の足の形に合わせたカスタムフィットが完成というわけです。

カスタムフィットさせたブーツの特徴は、まずは履き心地の良さにあります。わずかなズレなども生じないので、サーフィン中のストレスが軽減されます。

もう一点は、足の形にフィットしているということは海水が浸水しないので、これまで以上に暖かさをキープできる点にあります。

実はこの技術、スノーボードやスキーのブーツに関してはスタンダードに近いほどメジャーなもののようですが、サーフブーツに取り入れるのは初の試みと言います。

日本国内での発売についての情報は見つかりませんでしたが、海外では今年2016年11月から発売開始となるそうです。

公式サイト「RED CELL BOOTIE

グッズの関連記事
  • たった18分でウエットスーツの乾燥と脱臭を可能にするウエットスーツ専用ドライヤー
  • 昨年のメンズWCTイベント優勝者全員がFCS2利用!プロに人気のフィンは?
  • オーストラリア発:デザインと機能性に優れたハンドプレーンを生み出す「エクト・ハンドプレーンズ」
  • サメに気付かれにくくなるウエットスーツ&サーフボードステッカー
  • サンローラン ボードショーツ
    高級志向サーファーにお勧め!?サンローランが提案するサーフグッズ
  • ジョンジョン・フローレンスの新作シグネチャーボードショーツ「PHANTOM JJF II ELITE」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事