• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

kai-lenny-jaws-maui

日本時間の11月12日(土曜)午前2時から開催予定となっているBWT(ビッグウェイブツアー)イベント「ピアヒ・チャレンジ」。舞台はハワイのマウイ島ジョーズ(現地名:ピアヒ)。

ビッグウェイブサーフィンのパドルインにおいて、バレルありのハイパフォーマンススポットであることから、BWTイベントの中で最も注目されるイベントです。

今回の動画は、2016/2017年シーズンのオープニングデイとなった11月8日のマウイ島ジョーズでのカイ・レニーによるビッグウェイブセッションの映像をお届けします。


スポンサーリンク



今シーズン初となるビッグスウェルが届いた火曜日のマウイ島ジョーズ。この日はモーニングシックネス(morning sickness:前夜の風の影響で波のフェイスが乱れたコンディションの早朝)により、朝一は海に入るサーファーが少なかったと言います。

と言うのも、現在のジョーズではパドルインサーフィンが主流で、パドルインならばクリーンコンディションが求められるため。

パドルインvsトウイン:ビッグウェイブサーフィンの限界は?

そこでウォーターマンとして道具を問わないカイが選んだのはトウインサーフィン(ジェットスキーに牽引してもらって波に乗ること)。そんなカイにとって、トウインサーフィンにおける目標とは?

これまでのトウインサーフって、とにかくデカい波に乗ることだけにフォーカスしてたけど、僕はパフォーマンスレベルを高めていきたいって考えてる。

エアリアルをしたり、ジャイアントバレルを攻めたり、通常のショートボードでするようなターンを入れたり。パドルイン向きのコンディションじゃない日なんか、レベルアップに向けた絶好のチャンスだよね。

トウインサーフィンは一時期と比べると、かなり人気に陰りを見せた印象がありますが、カイのように新たな角度から捉えるサーファーの存在により、再び脚光を浴びるのかもしれないと考えさせられてしまいます。

さて、開催間近のピアヒ・チャレンジには、もちろんカイ・レニーも出場予定となっています。ライブ中継をお見逃しのないよう、下記リンク先の過去記事もチェックして下さい。

開催予定日が11/11に変更!2016/2017シーズンBWTイベント「ピアヒ・チャレンジ」

カイ・レニーの過去記事は、下記リンクからチェックして下さい。

ジュリアン・ウィルソンとカイ・レニーがバリ島でセッションすると摩訶不思議な光景が

カイ・レニーが空飛ぶライディングを楽しめるハイドロフォイルボードにトライ

SUPワールドチャンピオンにして若きウォーターマン:カイ・レニー

ビッグサイズのマウイ島ジョーズでジェットサーフ:カイ・レニー

ビッグウェイブの関連記事
  • ジョンジョン・フローレンス
    31周年にして9度目の開催となった2015/2016年シーズンのエディイベント@ワイメア
  • ビラボンXXLの「Ride of the Year」にエントリーしたシェーン・ドリアンのジョーズチャージ
  • スペイン出身トップビッグウェイブサーファーのアイルランドトリップ動画:ナチョ&インダル
  • ジョーズ ピアヒ マウイ島
    駐車場から海までのアクセスも過酷なマウイ島ジョーズ(ピアヒ)
  • 今年もシェーン・ドリアンが制した2016年WSLビッグウェイブアワード
  • ランサローテ島(カナリア諸島)で伝説になるであろう波を当てたナチョ・ゴンザレス

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事