• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

alison-teal-catacombs-paris

花の都とも呼ばれるフランスのパリ。そんな美しいイメージが広がるキャッチフレーズとは裏腹に、地下には「カタコンブ・ド・パリ (Catacombes de Paris)」という名の観光スポットがあります。

この観光スポットは、世界最大のカタコンベ(地下墓地)であり、迷宮のようなスポット内にはおよそ600万人の遺骨が…。

今回の動画は、女性版インディ・ジョーンズで知られるアリソン・ティール「Alison Teal」(30歳)がカタコンベでパドルしてしまう映像をお届けします。


スポンサーリンク



環境フォーラムでのスピーチ依頼でフランスを訪れていたアリソン。そんな折に、カタコンベでパドルしてみないかと招待され、実現に至ったという今回の撮影。

同地下墓地は18世紀後半から一般公開されていて、地下墓地という名前ではあるものの、実際に死者の埋葬に使われていたわけではなく、パリ市内の大規模墓地閉鎖に伴い発掘された遺骨の移転場所となったそうです。

そんな場所へと、なぜアリソンが定番のピンクボードとピンクビキニで乗り込んだのか!?

パリ市内のアイコニックな場所でパドルすることで、環境声明を発しているの。私たちが海を守らなければ、カタコンベみたいな場所でしかサーフィンできなくなっちゃうわって。

単純に「海を守ろう!」と声を上げても、なかなか耳を傾けてくれる人は少ないですよね。そこでアリソンなりに多くの人の関心を引くために行った今回の表現方法。チェックして見て下さい。


アリソン・ティールに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

キラウエア火山から溶岩が流れる海!アリソン・ティールがパドルアウト

女性版インディ・ジョーンズの異名を持つアリソン・ティールとは!?

女性版インディ・ジョーンズことアリソン・ティールのドキュメンタリー作品「Alison's Adventures」予告編

アリソン・ティールの新たなチャレンジ

ドミニカ共和国の内面を探検するアリソン・ティール

  • ケリー・スレーターが語るタバルア島(フィジー)、ヒート、ワールドツアー後半戦の目標
  • 見ているだけでハラハラさせられるストリートトライアル動画@グラン・カナリア島
  • ドミニカ共和国の内面を探検するアリソン・ティール
  • アートを前面に出したサーフムービー!フレンチフィルマーによる新コンセプト作品
  • ドローンを使って空から映し出すシップスターン・ブラフ@タスマニア
  • アラナ・ブランチャードが紹介するQSイベント会場であるロス・カボス(メキシコ)の魅力

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事