スノーボードのようなフレックス性能を備えたサーフボード「Moda Surfboards」

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via Moda Surfboards' Instagram

via Moda Surfboards’ Instagram

2020年の東京五輪ではオリンピック競技となったり、人工波を発生させるウェイブプール施設が増えてきたりと、サーフィンを取り巻く環境は大きな変革期にあると言える現在。

そんな時代だからこそ、ここ何十年も大きな変革のないと言われるサーフボードにメスを入れるシェイパーが登場しました。その人物とは、サンディエゴ(カリフォルニア)で「Moda Surfboards」を運営するブレントン・ウー。

今回の記事は、ブレントン・ウーによるオリンピックを見据えて開発したラディカルなサーフボードに関する内容をお届けします。


スポンサーリンク



フラットなボードはスピードが出るもののマニューバ性能が劣り、ロッカーのあるボードはスピードは出にくいもののマニューバ性能が優れています。

良いとこ取りとなるスピードとマニューバ性能の両立を考え、ブレントンが辿り着いた答えがフレックス。この発想は現在のエポキシボードでも同様で、シェイパーはしなり具合のベストバランスを考えていると言われています。

しかし、サーファーでありスノーボーダーであるブレントンが、スノーボードからヒントを得たと話すフレックス性能はラディカルそのもの。

「スノーボードはかなりフレックスだから、ターンの時にボードがしなることでシェイプが変化するんだ」。つまり、直進する時はボードが真っ直ぐに伸び、ターンの時はボードがしなるスノーボードに近いフレックス性能を持つサーフボードを作ったのです。

実際のしなり具合は下記動画からチェックして下さい。

This is snowboard-flex in a surfboard. Camera wizardry by @cncphoto #funbecauseflex #modasurfboards

Moda Surfboardsさん(@modasurfboards)が投稿した動画 –

一見するとソフトトップボード(スポンジボード)のようですが、とてつもなくフレックスする事が分かりますね。

ここまで手で簡単にしならせることができるので、反発力がどうなのかといった疑問もありますが、発想としては非常に面白く、今後の発展も期待できるかもしれません。

公式サイトを見ると、販売価格はわずか350ドル(約3.7万円)。興味のある方はチェックして見てはいかがでしょうか。

公式サイト「Moda Surfboards

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)