• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

william-aliotti-nixon-pro-team

エアリアルを得意とするカリブ海のセントマーティン島出身で現フランス在住のウィリアム・アリオッティ「William Aliotti」(23歳)。

世界中をバレルハンティングするフリーサーファーのウィルアム。コンテストとは無縁の存在ですが、今年は南米チリのアリカで開催されたバレル勝負となるQSイベント「Maui and Sons Arica Pro Tour」だけ参加し、同イベントで優勝を果たしています。

今回の動画は、ウィリアム・アリオッティのスポンサーであるニクソンが、ウィリアムのプロチーム入りを祝して公開した映像をお届けします。


スポンサーリンク



ウィリアムは以前からニクソンライダーですが、今回プロチームに昇格したとのこと。このライダーのランクと言うのは、各ブランドで異なるため少し分かりづらいです。

分かりやすい体系なのは、例えばビラボン。ビラボンでは、世界的に名の知れたトップサーファーはインターナショナルライダーで、今後の活躍が期待される主に若手サーファーなどが出身国のライダーとなっています。

言ってみれば、本社採用と支店採用といった違いでしょうか。しかし、ニクソンの場合はビラボンのインターナショナルライダーに該当するサーファーはグローバルサーフチームと各種メディアでは紹介されています。

そのため、プロチームはグローバルサーフチームに次ぐランクなのかと推測します。正直、よく分かりませんが…。

さて、ヨーロピアンサーファーの中でエアリアルのスペシャリストと呼ばれるウィリアムなのでエアリアルはもちろんのこと、バレルのスキルも光る今回の映像。

フリーサーファーであっても、エアリアルといった一芸に秀でたスキルではなく、オールラウンドなサーファーが増えてきているということは、求められるスキルが高くなっているのだと感じますね。

ウィリアム・アリオッティに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

経験豊富なサーフトラベラーもお気に入りなインドネシア:ウィリアム・アリオッティ

カムチャッカ(ロシア)で開催された2014年度ニクソン・サーフ・チャレンジ

フリーサーフの関連記事
  • スタイリッシュにカリフォルニアの波を切り刻むコリー・ロペス
  • 2014年シーズンのメンタワイ諸島で最もバレルに入ったサーファーは?
  • ホノルア・ベイ マウイ島 ハワイ
    ドッキリでマウイ島ジョーズ初サーフ後のセス・モニーツが楽しんだホノルアベイ
  • NEFFチームライダーのサーフ映像シリーズ5:ノア・ベッシェン
  • リップカールからのウェルカム動画:メイソン・ホー
  • リハビリ期間のはずのケリーがグリーンマウントでバレルゲット!ミック・ファニングも登場

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事