ハワイ入りを前にした2016年秋のジェレミー・フローレスによるフリーサーフ@フランス

シェア(記事を気に入ればお願いします)

jeremy-flores-france

マイノリティではありながら、ワールドツアー入りするヨーロピアンサーファー。しかし、長期に渡ってワールドツアーの座をキープするサーファーは皆無に近いです。

そんなヨーロピアンサーファーの中で最もコンテストサーフィンにおいて成功しているのが、今年でツアー歴10年目を迎えているレユニオン島出身のジェレミー・フローレス「Jeremy Flores」(28歳)。

今回の動画は、現在はフランスを拠点に活動するジェレミー・フローレスが、ホームとしているフランス南西部でフリーサーフする映像をお届けします。


スポンサーリンク



ジェレミーにとって厳しいシーズンとなった2年前の2014年。WCTランクは過去最低となる33位という結果に終わっています。しかし、WQSランクでツアー残留を決定。

翌2015年はWCTランク8位と返り咲いたものの、今年もまた、現WCTランク33位という現状。WCTでの結果だけを見ると、ほとんどヒートを勝ち上がれていないのですが、不思議なのはWQSランク。

WQSランクは、最も結果が良かった(獲得ポイントが高いという意味)5イベントの合計ポイントでランキングが決まるのですが、4イベントしか出場していない今年のジェレミーの現ランクは8位。

ワールドツアーでは苦戦しながらも、WQSでは確実に結果を残しているのです。そのため、よほどのことがない限り、来シーズンのツアー残留をトリプルクラウンで決めることでしょう。

さて、そんなジェレミーの今秋に撮影されたフランスでのフリーサーフ映像。コンテストでパーフェクト10を出すようなタイプではないかもしれませんが、個人的には大好きなスタイルです。

ジェレミー・フローレスの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

オフシーズンの冬にジェレミー・フローレスが見せたビーチブレイクセッション@フランス

ジェレミー・フローレスのパワーサーフィンがDバー(オーストラリア)で炸裂@2016

カナリア諸島を訪れたジェレミー・フローレス&フレンチサーファー@2016/1

タヒチでツアーイベント期間中のフリーサーフ@2015年:ジェレミー・フローレス

ローワーズ(カリフォルニア)入り前にメキシコでセッション:ジェレミー・フローレス

2014/2015年シーズン「The Winter Session」受賞者:ジェレミー・フローレス

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)