カーバーに乗るヤゴ・ドラのサーフライクなスケートシーンとフリーサーフ動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

yago-dora-carver
今シーズンから本格的にワールドツアー入りを目指し、WQSイベントに出場しているのが、WCT入りしていないブラジリアンサーファーの中で世界的に最も取り上げられているヤゴ・ドラ「Yago Dora」(20歳)。

今シーズン、ヤゴが掲げたWQSの目標はトップ100入り。来季にWQSで一番グレードの高いQS10,000イベントへの出場権を得るためです。そして現ランキングは30位。目標を大幅に越える結果を残しているのは大物の証明ですね。

今回の動画は、ヤゴ・ドラがスポンサーであるカーバーのスケートボードで見せるサーフライクなライディングとフリーサーフ映像のミックス動画をお届けします。


スポンサーリンク


ヤゴの世代でエアリアルを得意するということは、通常のスケートボードもやると思いますが、今回はカーバーでサーフィンのレールワークを意識したライディングがメインのスケートシーン。

カーバーに乗る時は、常にサーフィンを意識したターンをすると話すヤゴ。そのため、動画後半ではフリーサーフシーンとなるのですが、スケートとサーフの共通点が見受けられます。

ヤゴが乗っているカーバーはヤゴのシグネチャーモデル「The Skinny Goat」。モデル名はヤゴのニックネームで、日本語では「痩せこけたヤギ」という意味です…。

11歳でサーフィンを始めたヤゴは、翌年12歳の時にメキシコへとサーフトリップしたとのこと。その際、ヤギの群れが近くを通った時にトリップメンバーの一人が「ヤゴにそっくりじゃん」と口にし、今でも「skinny goat」と呼ばれているそうです。

当時、ヤゴにニックネームを付けたサーファーも、細身なヤゴがここまでの存在になるとは想像もしていなかったことでしょうね(笑)。

プロサーファーによるスケート動画は、下記リンク先からチェックして下さい。

前方のトラックが360度回転するスケートボード「サーフスケート・インダストリーズ」

コートニー・コンローグがスタイル磨きに取り入れるカーバー(スケートボード)

テイラー・ノックスから学ぶスケート(カーバー)を生かした体勢作り

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)