リップカールのスノーチームが日本の北海道へとサーチトリップ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Photo: Rip Curl

Photo: Rip Curl

サーファーの夢と言えるヴァージンウェイブを求め、僻地へとアドベンチャーに出るリップカールのサーチシリーズ。

手付かずの自然が残る美しいロケーションにおいて、無人のラインナップでブレイクする波を楽しむリップカールのサーフチームによる動画はお馴染みですよね。

今回の動画は、リップカールのサーフチームではなく、スノーチームが極上のパウダースノーを求めて日本へと訪れたサーチシリーズ映像をお届けします。


スポンサーリンク



極上の雪山が多いと、海外のスノーボーダーやスキーヤーからの人気が高い日本。昨年2015年シーズンが終了後のオフシーズン中、ミック・ファニングやマット・ウィルキンソンも来日してスノーボードを楽しんでいました。

オフシーズンにスノーボードを楽しんだプロサーファーたち

雪山人気の高い日本は外国人から見ると神秘的に映るものの、あまり英語が通じないことから言語の壁が高く、英語が通じやすいメジャーエリアを除くと容易なトリップ先ではないと言われています。

そんな日本を訪れたリップカールのスノーチームが向かった先は、旭岳や富良野といった北海道エリア。

日本人にとっては身近な国内でありながら、北海道へと思わずスノートリップに出掛けたくなってしまう映像ではないでしょうか。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)