• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
Photo: Rip Curl

Photo: Rip Curl

サーファーの夢と言えるヴァージンウェイブを求め、僻地へとアドベンチャーに出るリップカールのサーチシリーズ。

手付かずの自然が残る美しいロケーションにおいて、無人のラインナップでブレイクする波を楽しむリップカールのサーフチームによる動画はお馴染みですよね。

今回の動画は、リップカールのサーフチームではなく、スノーチームが極上のパウダースノーを求めて日本へと訪れたサーチシリーズ映像をお届けします。


スポンサーリンク



極上の雪山が多いと、海外のスノーボーダーやスキーヤーからの人気が高い日本。昨年2015年シーズンが終了後のオフシーズン中、ミック・ファニングやマット・ウィルキンソンも来日してスノーボードを楽しんでいました。

オフシーズンにスノーボードを楽しんだプロサーファーたち

雪山人気の高い日本は外国人から見ると神秘的に映るものの、あまり英語が通じないことから言語の壁が高く、英語が通じやすいメジャーエリアを除くと容易なトリップ先ではないと言われています。

そんな日本を訪れたリップカールのスノーチームが向かった先は、旭岳や富良野といった北海道エリア。

日本人にとっては身近な国内でありながら、北海道へと思わずスノートリップに出掛けたくなってしまう映像ではないでしょうか。

  • ラインナップのサーファーへと軽食を届けるドローン宅配
  • デザートポイントで目隠しタンデムサーフィン?「Who is JOB 7.0」エピソード2
  • レイアード・ハミルトンによるマリブでのピア抜けライド
  • 水陸両用ではない普通のスーツでサーフィン:ニック・ローザ&ルーク・デイヴィス
  • ケープ・フィアはエントリースポットも危険!海から上がっても気を抜いていたら…
  • ジャスティン・ビーバーってスケートボードまで上手かったの!?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
コンテスト
オーストラリアの西オーストラリア州出身で35歳のタジ・バロウ。1998年にツアー入りしたタジは、安定感のあるサーフィンでトップサーファーであ...