マーク・ラコマレがQSイベントの合間にアイルランドへとストライクミッション

シェア(記事を気に入ればお願いします)

marc-lacomare-ireland

オアフ島ノースショアのハレイワで開催されたトリプルクラウン初戦のハワイアン・プロ。同イベントのファイナリストに名を連ね、3位という成績を残したのがフランス出身のマーク・ラコマレ「Marc Lacomare」(26歳)。

QS10,000イベントで3位という成績によりWQSランキングは31位もジャンプアップし、現在は21位へと大幅上昇しました。

今回の動画は、QSイベント転戦の合間に、マーク・ラコマレが親友であるティカヌイ・スミスとアイルランドを訪れたトリップ映像をお届けします。


スポンサーリンク



近年では、ヘビーなスラブ(slab:底ボレするバレル)スポット「マラモア」などの存在により、取り上げられることもあるアイルランド。ただ、マイナーエリアであることに変わりはないです。
コールドウォーター版チョープーことマラモア(アイルランド)のビッグウェイブ動画@2015

マークとティカヌイが訪れた際は、貸切セッションも多かったと言います。寒さが厳しく、波はあまりにヘビーコンディションであったため、自然が人間を拒んでいるかのようにも感じてしまいますね。

今回の動画を見ると、アイルランドなどといった寒冷地では、人知れずハードコアなセッションが繰り広げられているのだろうなと思いを巡らせてしまいます。

マーク・ラコマレに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

カナリア諸島を訪れたジェレミー・フローレス&フレンチサーファー@2016/1

トラブル込みのアフリカトリップ:サンチョ&マーク

闘鶏とサーフィンのミックス映像:マーク・ラコマレ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)