マリア・マニュエルなど4名の女性サーファーがケリーのサーフ・ランチを満喫

シェア(記事を気に入ればお願いします)

malia-manuel-ks-surf-ranch

アメリカではサンクスギビングデー(感謝祭)の11月第4木曜日。七面鳥を食べる日というイメージの強い方も多いのではないでしょうか。英語では、七面鳥の日(Turkey Day)と呼ばれたりもしますし。

さて、そんなサンクスギビングデーに絡め、ウイメンズWCTサーファー4名がSNSでケリー・スレーターにサンクス(感謝)と投稿しています。その理由は、ケリーのウェイブプールを体験させてもらったため。

今回の動画は、マリア・マニュエル、ココ・ホー、レイキー・ピーターソン、セイジ・エリクソンの4名がケリー・スレーターのウェイブプール「サーフ・ランチ」でフリーサーフする映像をお届けします。


スポンサーリンク



カリフォルニア州レモーに位置するケリーのサーフ・ランチ。同ウェイブプールは屋外施設であり、動画を見るとビキニでサーフしていることから、夏頃に訪れた事が分かります。

サーフ・ランチは情報統制がしっかりと行われていることから、今回のように動画が公開されるまで、訪れたサーファーが自ら情報を漏らすことはありません。

その代わり、動画が公開されるタイミングに合わせるかのように、SNSでコメントを投稿するのがお決まりのパターンとなっています。

今回も同様で、マリア、ココ、レイキー、セイジの4名はSNSで自分たちのライディング動画と共に、「#THANKSKELLY」とのハッシュタグを付けた投稿を行っています。

世界中で数え切れないほどのグッドウェイブに乗っているワールドツアーサーファーが満面の笑みを浮かべている様子から、いかに素晴らしい波なのかが分かりますね。

*ケリー・スレーターのウェイブプール「サーフ・ランチ」でのテストライド関係の過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

豪ミュージシャン「フルーム」がケリーのウェイブプールへ!ステフも再訪問で圧巻のバレル

トム・カレンもケリーのウェイブプールを体験して「パーフェクト!」と大絶賛

ショートボード復帰から間もないビード・ダービッジがケリーのウェイブプールを体験

ジョシュ・カーがケリー・スレーターのウェイブプールでアーリーウープ

WCTイベント開催!?ケリー・スレーターのウェイブプールをWCTサーファーがテストライド

実際に体験した五十嵐カノアが語るケリー・スレーターのウェイブプール