世界初となる折り畳み可能なロングスケートボード「BoardUp」

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Photo: BoardUp

Photo: BoardUp

傾斜の穏やかなエリアでは移動の足としても便利なスケートボード。ですが、長くて場所を取るロングスケートボードなどは、目的地での保管場所などが問題ですよね。

そういった問題があるため、スケート自体を小さくしたペニーなどもあるのですが、ロングスケートボードが絶対に良い!と考える方もいるはず。そんな方にお勧めなのが今回の商品。

今回の記事は、世界初となる折り畳み可能なロングスケートボードがクラウドファンディングサイト「キックスターター」に登場しているので商品内容についてお届けします。


スポンサーリンク


ありそうでなかった折り畳み可能なロングスケートボード。こんな商品が欲しいと思っていた方は多いことでしょう。しかも、今回の商品は非常に折り畳みが簡単。

普通にスケートを地面に置く動作で折り畳まれたスケートは広がり、折り畳む時は片足でスケートの端を踏むだけ。

boardup-1

これだけ簡単に折り畳めるということで、心配なのはライディング中に折れ曲がらないかという点。しかし、ヒンジが一度ロックされれば折れ曲がってしまう心配はなく、トリックをしても大丈夫だそうです。

気になる仕様は以下の通り。

Photo: BoardUp

Photo: BoardUp

Photo: BoardUp

Photo: BoardUp

・ディメンション:8 1/4″ X 32″
・ディメンション(折り畳まれた時):8 1/4″ X 16″ X 3″
・重量:7ポンド弱(約3キロ)
・ウィールサイズ:70mm X 50mm
・トラック:6″
・デッキ素材:カナダ産メイプルウッド
・ヒンジ素材:アルミ合金

これは画期的な商品ということで、キックスターターでは終了期日まで2週間以上残っているにもかかわらず、すでに目標額の3倍を超えるサポートを集めています。

予定販売価格は229ドル以上とのことですが、クラウドファンディング中の現在は169ドルから購入可能なので(すでに最安となる159ドルは売切)、興味のある方はチェックして見てはいかがでしょうか。商品の発送は来年2017年2月からスタートとのことです。

詳細については、下記リンク先からチェックして下さい。

リンク先「BoardUp: The World’s First Self-Folding Longboard

プロスケーターがBoardUpをテストライドしている動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)