レオとジョシュアがパプアニューギニアへ!フリーサーフやローカルとの触れ合い

シェア(記事を気に入ればお願いします)

leonardo-fioravanti-png

独自のカルチャー、誰にも乗られることなく波がブレイクしている無数のサーフスポット、手付かずな自然が魅力的なパプアニューギニア。

オーストラリアの北に位置することから、オージーサーファーにとってはインドネシアを訪れるのと同じくらい近距離に位置するのですが、インドネシアよりも値段が張るためか、パプアニューギニアへのトリップ動画はあまり目にすることがありません。

今回の動画は、レオナルド・フィオラヴァンティとジョシュア・モニーツの二人がパプアニューギニアを訪れた際の映像をお届けします。


スポンサーリンク



コンテスト界において、若手トップサーファーであるレオとジョシュアの二人。レオは来季のワールドツアー入りを確定させ、ジョシュアは現WQSランク58位。

そんな二人が、慌ただしいスケジュールのコンテストシーンから離れ、純粋にサーフトリップを楽しむことになった地がパプアニューギニア。

サーフトリップの醍醐味は、グッドウェイブを当てることはもちろんですが、グッドウェイブと同様に貴重な時間はローカルとの触れ合い。異文化に触れ合うことで、学ぶことや気付かされることは多々ありますからね。

まさにサーフトリップの王道といった今回の動画を見ていると、冒険心をくすぐられてサーフトリップに出掛けたくなることでしょう。

レオナルド・フィオラヴァンティとジョシュア・モニーツの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

来季ツアールーキーとなるレオナルド・フィオラヴァンティのビッグバレル@ニアス

若手ハワイアン(キアヌ、ジーク、モニーツ兄弟)が出演するレトロな雰囲気のフリーサーフ