2016/2017シーズン「Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」イベント情報

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via Quiksilver

via Quiksilver

規定サイズ以上のビッグスウェルが入らない限り、開催されることはない招待制ビッグウェイブイベントのエディこと「Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」。

オアフ島(ハワイ)ノースショアのワイメアベイを舞台にした同イベントは、昨シーズンは過去最大サイズと言われるほどのビッグウェイブで6シーズン振りに開催となり、ジョンジョン・フローレンスが史上最年少優勝を果たしました。

今回の記事は、今シーズンで32年目となるエディイベントの招待サーファーが発表されたのでお届けします。


スポンサーリンク



・今季の開催が危ぶまれたスポンサー契約

エディイベントとは、オアフ島ノースショアのワイメアベイにて最初の公式ライフガードとなった故エディ・アイカウ(1978年他界)を称えるイベントで、イベントスポンサーはクイックシルバー。

同イベントはワールドツアーを運営するWSLのスペシャルティイベントという位置付けでWSLが放映権を管理していますが、基本的に当事者となるのはアイカウ家とクイックシルバー。

ちょうど一ヶ月ほど前、アイカウ家とクイックシルバーの契約が合意に至らなかったと報じられ、31年の歴史にピリオドが打たれる危機に晒されていました。

しかし、ここ数週間、継続の方向へと両者が建設的な取り組みを行ってきたため、今シーズンも開催への準備が整ったとクイックシルバーが発表しました。

・イベント情報

32周年となる今シーズンのウェイティングピリオドは12月1日のオープニングセレモニー後から2月28日まで。

BWT(ビッグウェイブツアー)イベントで女性部門が追加された時代の流れを受け、今季のオルタナティブリスト(補欠リスト)にはエディイベント史上初となる女性サーファーの名前も加わっています。

・招待サーファー

招待サーファーのリストは、アルファベット順に以下の通り。

Aaron Gold
Bruce Irons
Billy Kemper
Dave Wassel
Ezekiel Lau
Garrett McNamara
Grant Baker
Greg Long
Ian Walsh
Jamie Mitchell
Jamie O’Brien
Jeremy Flores
John John Florence
Kala Alexander
Kelly Slater
Koa Rothman
Kohl Christensen
Landon McNamara
Makua Rothman
Mark Healey
Mason Ho
Michael Ho
Reef McIntosh
Ross Clarke-Jones
Shane Dorian
Sunny Garcia
Takayuki Wakita
Tom Carrol

招待サーファーが欠場となった場合の補欠リストは以下の通り(シード順)。

Luke Shepherd
Kai Lenny
Nathan Fletcher
Noah Johnson
Nathan Florence
Ramon Navarro
Keali Mamala
Predro Calado
Jamie Sterling
Nic Lamb
Keala Kenelly
Danilo Couto
Mark Matthews
Kalani Chapman
Ben Wilkinson
Gabriel Villaran
Damien Hobgood
Kahea Hart
Ryan Hipwood
Carlos Burle
Kyle Shipman
Danny Fuller
Anthony Tashnick
Rusty Long

・まとめ

初の女性サーファーとして、エディのリストに名前を連ねたのはケアラ・ケネリー。ただし、補欠リストのシードは11位なので、出場する可能性は極めて低いでしょう。

メイソン・ホーとマイケル・ホーは、親子揃って招待サーファーとなっています。エディの歴史において、親子揃って招待サーファー(補欠リストは除く)になることは初の快挙とのこと。

日本人として嬉しいのは、今シーズンも脇田プロが招待サーファーリストに入っている点。すでにエディの常連と言えるほど脇田プロが選出されていると言うことは、それだけハワイアンサーファーにリスペクトされている証でもあるので日本人として誇らしいですね。

今回の招待サーファーリストに含まれなくて意外だったのはアルビー・レイヤー。昨シーズンは怪我でエディを欠場したのに、同日にホームのマウイ島ジョーズでサーフしたのが印象を悪くしたのかもしれません。

ジョーズ史上最もディープなバレル!エディ欠場のアルビー・レイヤーがエディ当日にメイク

さて、イベント自体がなかなか開催に至らないエディなので、今季の開催可能性は低いのが現実ですが、胸がワクワクしてしまいます。

・昨シーズンのエディイベントの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

66歳のクライド・アイカウが語る最後の出場となったエディイベントの裏側

2015/2016年シーズンのエディイベント@ワイメアのバックステージ動画

エディイベントのハイライト動画&優勝したジョンジョン・フローレンスの心境

2015/2016年シーズンのエディ@ワイメアで発生したワイプアウト特集動画

31周年にして9度目の開催となった2015/2016年シーズンのエディイベント@ワイメア