• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

cabo-blanco-peru

日本から見て地球の裏側に位置し、直行便のフライトでアクセスすることができない南米。その南米の中で、ロングレフトのポイントブレイクを数多く有するのが太平洋に面したペルー。

緯度的には南半球に位置するペルーは、北半球とは季節が逆となるため、これから夏真っ盛りとなります。

今回の動画は、南米ペルー北部で今シーズン初となる北太平洋からのスウェルが届いたのことで、ローカルによって繰り広げられたバレルセッションの映像をお届けします。


スポンサーリンク



セッションが繰り広げられた舞台は、エクアドルとの国境からさほど遠くないペルー北部に位置するカボ・ブランコ(Cabo Blanco)。

通常、南半球のエリアがメインのサーフシーズンとなるのは冬場。南太平洋から発生する南寄りのスウェルによるもので、ペルーが会場のBWT(ビッグウェイブツアー)イベントのウェイティングピリオドも4~8月です。

しかし、カボ・ブランコといった北部エリアは赤道に近いためか、ハワイにビッグスウェルをもたらす低気圧による北寄りスウェルが、ハワイにヒットした数日後に到来するとのこと。

今回の動画で最も驚いたのはサーファーの数。0:48~を見ると分かりますが、とんでもない数のサーファーがラインナップに浮いています。サーフィン人気の高さが窺えますね。

ペルーと言えば、ウイメンズのワールドチャンピオンとなったソフィア・ムラノビッチの出身国。ブラジル同様、メンズもワールドツアーで活躍するサーファーが出てくるかもしれません。

ちなみに、今シーズンにおいて、ペルー出身サーファーでWQS最高位は137位のミゲル・トゥデラとなっています。

フリーサーフの関連記事
  • これで15歳!?WCTサーファーの弟で次世代ブラジリアンのサミュエル・プポ
  • 2016年9月頭のハリケーンスウェル@ニューヨークでビーチ閉鎖やスーパーセッション
  • 怪我から復帰したマット・バンティングの2016年WCT開幕前のフリーサーフ
  • ケリーやジョンジョンなどが登場する最新パイプラインセッション
  • ツアーサーファーではないのにWCTランク19位でツアー残留を決めたスチュアート・ケネディ
  • コンテストはオフとなった本日のベルズ・ビーチ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事