オーロラサーフィン撮影のためにミック・ファニングが訪れたロフォーテン諸島(ノルウェー)

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Photo: Red Bull

海で発生する波。空で発生するオーロラ。この二つの自然現象を一つのフレームに収めたいと考えたフォトグラファーがいます。その人物とは、ノルウェー出身のエミル・ソリーとマッツ・グリムセスの二人。

ただし、二人のプロジェクトにはオーロラの下で波に乗るサーファーが必要。そこでオーロラサーフィンの任務を受けたのが、3×ワールドチャンピオンのミック・ファニング「Mick Fanning」(35歳)。

今回の動画は、ミック・ファニングが挑んだオーロラサーフィンの幻想的な映像をお届けします。


スポンサーリンク



今回のプロジェクトが浮上したのは、2014年、エミルとマッツがポルトガルで初対面した直後のこと。しかし、自然現象を相手にする撮影のため、絶好のチャンスを逃さないためには才能溢れるサーファーが必須でした。

とは言うものの、二人にとってはまさかまさかの人選。「このプロジェクトをミックと取り組むなんて思いもしてなかったよ。突然、ワールドチャンピオンとロフォーテン諸島(ノルウェー)に行くことになるなんて」とはマッツ。

目的地のロフォーテン諸島に到着してからは、オーロラ出現を待つこと数日。現地入りしてから3日目の真夜中、ついに撮影チャンスが訪れることに。

「半ば寝ぼけた状態でウエットスーツに着替えていたんだけど、オーロラに気付いた時にはただただ圧倒されたね。一生忘れられない光景だったよ」とミックは語っています。

今回紹介する動画はごく一部であり、同プロジェクトの全容は年明けに2エピソードで公開されるそうです。

ミック・ファニングの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

ミック・ファニングとメイソン・ホーのアラスカトリップ@サーチシリーズ

ミック・ファニングを含むリーフアンバサダーが攻めるフランスのビーチブレイク

ミック・ファニングがウォームアップセッション@Jベイ(南アフリカ)で足首負傷

昨年のシャークアタックを乗り越えミック・ファニングがJベイで一年振りにサーフ

ミック・ファニングのフィジーイベント出場決定!ミックの現在の動向は?