• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

サーフィンでよく使われる文章の一つである「You should've been here yesterday」。サーフトリップなどではありがちですが、「昨日まで波が良かったのに!」と言う意味合いで使われます。

そんなシチュエーションが当てはまる今年のパイプマスターズ。ウェイティングピリオド初日の12月8日は、前日までのスウェルが残ると言われていましたが、予想に反して大幅なサイズダウンとなってしまったので…。

今回の動画は、8日の週におけるオアフ島(ハワイ)ノースショアでのトッププロのフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



8日以降はスモールコンディションとなり、レイデイ(Layday:コンテストのオフ日)続きとなったパイプマスターズ。そのため、今回の動画は8日以前に撮影された映像だと思います。

出演しているサーファーは、デーン・レイノルズ、ヤゴ・ドラ、フィリペ・トレド、ライアン・カリナン、ジョーディ・スミス、コナー・コフィン、イタロ・フェレイラ、ガブリエル・メディナなど。

エアリアルやバレルと何でもありなトッププロによるフリーサーフ動画。パイプマスターズのウェイティングピリオド前までは、こんなリッパブルなコンディションが続いていたというのも皮肉です…。

フリーサーフの関連記事
  • 夏はリラックスサーフ!乗り方は自由なスポンジボード動画
  • 2014/2015シーズン始めとなるパイプラインセッション
  • インドネシアを代表するトップサーファー:オニー・アンワー
  • ノア・ベッシェンのフリーサーフィン動画!2017年これまでのダイジェスト
  • 2016年WCTイベント@ローワーズでの世界ベストサーファーによるフリーセッション
  • ゴールドコーストでサーフィン・ビール・ビキニガールのビーチライフ:マッド・ヒューイズ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事