<必見>パワーレスな腰波でも飛び回るフィリペ・トレドのホームセッション@ブラジル

シェア(記事を気に入ればお願いします)

現在は一家揃って南カリフォルニアのサンクレメンテに引っ越したため、生活拠点がブラジルからアメリカに移っているワールドツアーサーファーのフィリペ・トレド「Filipe Toledo」(21歳)。

そんなフィリペのブラジルにおけるホームはサンパウロ州ウバトゥバ(Ubatuba)。ウバトゥバでサーフしながら育ったそうです。

今回の動画は、フィリペ・トレドが故郷ウバトゥバのプライア・グランデ(Praia Grande)でフリーサーフする映像をお届けします。


スポンサーリンク



小波最強サーファーと呼ばれるフィリペ。その理由は誰もが知るよう、ワールドツアーサーファーの中でエアリアルのメイク率がダントツで高く、メイクして当たり前と言えるほどのレベルであるためですね。

ただ、小波最強と言っても、フィリペのフリーサーフ映像の多くは現在のホームであるローワーズであったり、WCTイベントの会場付近であったりするので、波のパワーやサイズの点では、一般サーファーにとっての小波とは異なります。

そこで気になるのが、一般サーファーが考えるパワーレスな小波で、フィリペはどれほどのライディングを見せることができるのか!?その答えが今回の動画にあります。

腰前後のサイズのコンディションで、波によってはダラダラなブレイクもあり。にも関わらず、いつもと変わらぬぶっ飛びサーフィンを繰り出すフィリペ。かなり衝撃的です…。

フィリペ・トレドの最近の過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

フィリペ・トレドがツインフィンに乗る珍しいフリーサーフ動画@ハワイ

オアフ島ノースショアのオフザウォール!フィリペ・トレドのシングルセッション

フィリペ・トレドのフリーサーフ&2016年ハーレープロ@ローワーズ(南カリフォルニア)

フィリペ・トレドのコンテスト&フリーサーフ動画@2016年Jベイ(南アフリカ)

コンテスト界最強のエアリアルを見せるフィリペ・トレドのエアー特集

怪我から復帰したフィリペ・トレドを追った2016年ブラジルイベント