ヤディン・ニコルが息子とサーフィンを楽しむ心温まる親子セッション@ハワイ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

プロサーファーの子供がプロサーファーになる、いわゆる二世サーファーも珍しくない近年。

例えば、ディノ・アンディーノと息子のコロヘ、マイケル・ホーと息子のメイソンに娘のココ、シェーン・ベッシェンと息子のノア、デイヴ・マコーレーと娘のブロンテなど。

親にとっては自分が好きなものを子供と共有できるし、子供としては大好きな親と同じことをしたいので、サーフィンを通して円滑な親子関係が生まれますね。

今回の動画は、元WCTサーファーのヤディン・ニコル「Yadin Nicol」(31歳)が、息子のキングスリー(ニックネームはキング)と一緒にサーフィンを楽しむ映像をお届けします。


スポンサーリンク



プロサーファーとして世界を飛び回る生活を送るヤディンは、最近では息子のキング君も連れてトリップに出ることも多いそうです。

そうなると、父親のカッコいいサーフィン姿を見ているので、当たり前のように同じことをしたくなるのが子供心ではないでしょうか。幼い頃は親が全てで、最大のインスピレーションですからね。

キング君にサーフィンを教えるヤディンが心掛けていることは、とにかく怪我をさせないこと。そのため、後方でサポートするヤディンが使用しているボードはスポンジボード(英語:ソフトトップ)。

もう一点は、キング君にサーフィンを楽しんでもらうこと。自分が好きなことを、子供にも好きになってもらえれば、これ以上の幸せはないですよね。

ちなみに、二人がサーフィンしている場所は、サーファーの聖地であるオアフ島ノースショア。大人にとっては小波でも、キング君にとってはビッグウェイブにチャージしています!

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)