• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

プロサーファーの中でも特殊なビッグウェイブサーファー。WSLによるBWT(ビッグウェイブツアー)はあるものの、規定サイズ以上のスウェルが入らいないとBWTイベントは開催されないため、年間で開催されるイベント数は3つ前後といったところ。

そのため、基本的にスケジュールに縛られることのないビッグウェイブサーファーは世界中のスウェルチャートをチェックし、ビッグウェイブが見込めるエリアへと移動の日々。

今回の動画は、南アフリカ出身ビッグウェイブサーファーのマット・ブロムリー「Matt Bromley」(25歳)による過去1年間のウェイブハンティング映像をお届けします。


スポンサーリンク



およそ一年前、マットとフィルマーのガイ・マックが手を組むことでスタートした今回のプロジェクト。プロジェクトの目的は、ビッグウェイブサーファーをクローズアップした映像を通して、オーディエンスをインスパイアすること。

具体的には、今回の動画を見たオーディエンスが、自分のキャパの限界を広げ、慣れ親しんだ居心地の良いゾーンから一歩飛び出し、よりビッグかつベターなものを追求してもらいたいと言います。

この一年で二人が訪れたエリアは、ジョーズ(マウイ島)、ナザレ(ポルトガル)、ダンジョンズ(南アフリカ)、アイルランド、インドネシア、アイスランド。

マットにとって特に印象的だったのは、初体験となったマウイ島ジョーズ。「ジョーズの波はデカくて怖かった。山みたいなスウェルが入ってくるんだから、地平線にパドルして逃げ出したくなったよ」とのこと。

マット・ブロムリーの一年間の映像を通して、ビッグウェイブサーファーの人生を覗いてみてはいかがでしょうか。

マット・ブロムリーの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

アフリカ大陸出身のマットとジェロームが当てた2016年ニアス(インドネシア)のビッグバレル

アイルランドでブレイクするスラブ:マット・ブロムリー

ホレ過ぎるロングバレルのスケルトンベイに向かったマット・ブロムリー

ビッグウェイブの関連記事
  • クラウドブレイクを舞台にしたドキュメンタリー作品「Thundercloud」の予告編
  • X-ミッションの撮影でハリウッドがチョープー(タヒチ)を貸し切ったサーフィン史に残る2014年9月
  • ロングバレルからビッグバレルまで!西オーストラリアの2016年ウインターシーズン動画
  • マウイ島ジョーズを攻めるシェーン・ドリアン特集
  • マウイ島ジョーズでのヘビーモーメント 2014/1/22
  • ワイメア オアフ島 ハワイ ノースショア
    ビッグウェイブサーフィンの原点!オアフ島ワイメア動画@2016/1

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事