WCTイベントにおけるガブリエル・メディナのパーフェクト10特集

シェア(記事を気に入ればお願いします)

2014年シーズン、ブラジリアンサーファーとしては初のワールドチャンピオンに輝いたガブリエル・メディナ「Gabriel Medina」(22歳)。

2014年度ASPメンズワールドチャンピオン:ガブリエル・メディナ

ワールドツアー入り当初は現在のフィリペ・トレドのよう、エアリアルに強いサーファーというイメージが強かったのですが、ワールドタイトルを獲得した年のタヒチイベントでは、マックスサイズとなったチョープーでケリー・スレーターを破って優勝。ヘビーウェイブにも強いことを証明しました。

今回の動画は、ガブリエル・メディナがワールドツアーイベントで叩き出したパーフェクト10の映像をお届けします。


スポンサーリンク



2011年のミッドシーズンにワールドツアー入りしたガブリエル。若干17歳の時のことでした。2011年シーズンは、シーズン中盤のツアー入りであったため、出場イベント数はわずか5戦(全11戦中)。

しかし、5戦中2戦で優勝することで大型ルーキーであることをアピールし、年間ランキング12位という記録を残しました。

さて、そんなガブリエルのサーフィンの魅力は、フリーサーフィンのような魅せるライディング。ワールドツアーの上位陣であっても、コンスタントにハイスコアを出しながらも、パーフェクト10はほとんどスコア出来ないサーファーは多いです。

一方のガブリエルは攻めるサーフィンをするので、パーフェクト10が必然的に多くなります。その最たる例が、今年のブラジルイベントで見せたバックフリップですね。

2016年WCT第四戦「オイ・リオ・プロ」:三日目ハイライト

今回の動画で個人的に最も興味深いのは、エアリバースのフルローテーションが大きく進化している点。4年前の2012年、ベルズビーチのイベントでケリー・スレーターがセットではない波でフルローテーションをメイクしパーフェクト10を出しました。当時はそれだけ難易度が高いと評価されたためでしょう。

サーフィン界の神が見せたコンテストでのベストエアリアル2選:ケリー・スレーター

ただし、当時のケリーのエアリバースは横回転。今回のガブリエルの映像を見ると、縦回転を加えた3D系エアリバースが当たり前となっています。同じエアリバースのフルローテーションと言っても、難易度の進化のスピードの早さに驚かされます。

最後に、今回の動画におけるガブリエルのパーフェクト10は、今年2016年フィジーイベントまでのものとなっています。

*ガブリエル・メディナの最近の過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

危険の多いローワーズ!ガブリエル・メディナに轢かれるかも

インドネシアを訪れたウィルコとガブリエル・メディナのサーチトリップ@Gランド

15歳でWCTサーファー以上のエアリアルを見せていたガブリエル・メディナ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)