• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

今年のコンテストシーンでは大活躍だったクイックシルバーのチームライダー。ワールドツアー脱落となったサーファーもいたものの、その数以上に来季ツアー入りを果たしたサーファーが誕生しています。

今回の動画は、クイックシルバーのチームライダーによるシーズン終わりのオアフ島(ハワイ)ノースショアでの映像をお届けします。

動画の最後には、元クイックシルバーライダーのケリー・スレーターが五十嵐カノアの活躍をサポートしたという意味深のメッセージまで含まれています。


スポンサーリンク



今年2016年シーズンにおいて、クイックライダーの中でワールドツアー参戦していたのは、ジェレミー・フローレス、五十嵐カノア、ウィゴリー・ダンタス、マット・バンティングの4名。その中で、残念ながらワールドツアー脱落となったのはマットのみ。

その一方、WQSでクオリファイを決め、来季ツアールーキーとなるのはコナー・オレアリー、レオナルド・フィオラヴァンティ、イズキール・ラウの3名。

WQSランキングで見ると、WQSランク11位までがクオリファイの今シーズン、ジェシー・メンデスが13位、マーク・ラコマレが23位と惜しくもクオリファイを逃しています。

さて、様々なドラマがあったクイックライダーたち。そんな中でも、パイプマスターズの話題は、五十嵐カノアで持切りですね。その影には、ケリーの存在もあったとは。

動画後半の字幕によると「パイプマスターズのスタート前、ジークの運命を握ったカノアに、ケリーは貴重なアドバイスを送った」とのこと。

ケリーとカノアは、以前はクイックシルバーとチャネルアイランズのチームライダー同志でした。また、カノアの弟のキアヌは、ケリーのボードブランド「スレーターデザインズ」に乗っている様子がSNSに公開されたりと、兄弟揃って親しい関係にあるようです。

ケリーがどのようなアドバイスをカノアに送ったのかは不明なだけに、とても気になりますね。ただ、どんなアドバイスにせよ、ファイナルまで勝ち続けたカノアの活躍には純粋に感動を与えられました。

フリーサーフの関連記事
  • クリエイティブな若きサーファー/シェイパーのライアン・バーチ
  • トップフリーサーファーのNZ&AUS&INDOでの最新映像:ノア・ディーン
  • ベルズ前の小波セッション:タジ・バロウ&カイ・オットン
  • 西オーストラリアのシークレットスポットでブレイクするロングバレルのドローン動画
  • インドネシアを代表するトップサーファー:オニー・アンワー
  • レッドブルによるレオナルド・フィオラヴァンティのワールドツアー入り祝福動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事