• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

来シーズンにおけるメンズのワールドツアーで、12名もWCTサーファーを輩出するサーフィン大国のオーストラリア。メンズツアーは世界のトップ34のみが資格を得るので、およそ1/3がオージーサーファーという事になります。

ということは、オーストラリア国内におけるコンテストシーンはハイレベル。そんな環境で育ち、頭角を現して来ているのが、QLD(クイーンズランド)州サンシャインコースト出身のカイ・ヒン「Kai Hing」(19歳)。

今回の動画は、カイ・ヒンによる2016年に撮影されたフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



コンテストシーンが盛んなオーストラリアなので、オージーサーファーの王道はパワフルなターンからエアリアルまで網羅するオールラウンドなスタイル。

最近で言えば、ジャック・フリーストーンなどが当てはまるのではないでしょう。そんな王道を辿っているように見えるのが、今回フィーチャーされているカイ。

今シーズンのWQSイベント出場数を見る限り、まだまだ本格的に取り組んでいるわけではなさそうですが、フル参戦すれば大いなる可能性が広がるサーファーでしょう。

動画の撮影地となっているのは、ホームであるオーストラリアのビーチブレイクやインドネシアなどとのことです。

*カイ・ヒンが出演する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

セス・モニーツなど若手5名がインドネシア奥地で見せた最先端サーフィン

JSの新モデル「ブラックボックス2」をテストライド

フリーサーフの関連記事
  • 日本でのシーンも含むトップフリーサーファー/ノア・ディーンの最新フリーサーフ動画
  • モザンビークでのフリーサーフ:ジョーディ・スミス
  • スケルトンベイ並みのラインナップが広がる米国ノースカロライナ州ハッテラス島
  • ミシェル・ボウレズの弟によるホームセッション:ケヴィン・ボウレズ
  • 春のゴールドコーストセッション:ボトル&トーマス&ビード
  • 現ワールドジュニアチャンプ/ルーカス・シルヴェイラのラスティ移籍ウェルカム動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事