プロサーファーならリバーサーフィンも簡単!?ドイツのトップサーファーが初挑戦

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ドイツのサーフシーンとして世界的に有名となっているアイスバッハ川でのリバーサーフィン。

海で発生する波とは異なり、フローライダーに似た印象を持つ波ですね。そのため、乗り方は通常のサーフィンとは少し異なることでしょう。ならば、リバーサーフィンを初体験するプロサーファーが、最初から上手く乗りこなすことが可能なのか?

今回の動画は、ドイツ人プロサーファーのマーロン・リプケ「Marlon Lipke」(32歳)がアイスバッハ川でリバーサーフィンにトライする映像をお届けします。


スポンサーリンク



ドイツ人サーファーとして初めて、2009年シーズンにワールドツアーサーファーとなったマーロン。言ってみれば、ドイツではレジェンドサーファーです。

ただ、ドイツでサーフィン!?と思う方もいますよね。はい、マーロンはポルトガル生まれポルトガル育ちですが、国籍はドイツというわけです。ヨーロピアンサーファーでは、国籍とホームブレイクが一致しない事は珍しくありません。

さて、動画ではイギリスからモロッコへとトリップしながらシリーズ動画を公開しているイギリス人サーファーのマーク・ハリスと共に、アイスバッハ川を訪れたマーロン。

海でのサーフィン以上にトリッキーなライディングを見せるローカルに対し、ドイツのレジェンドサーファーであるマーロンとマークが見せたライディングは?

ドイツのリバーサーフィンに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

アイスバッハ川(ドイツ)のリバーサーフィンでお医者さんがキックフリップをメイク

ドイツのリバーサーフィンをアピールするCM!?

ミュンヘンには海がないのにウエット姿でボードを持ち歩くサーファー

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)