• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

かつてはワールドツアーイベント開催地であったスペインのバスク地方に位置するサーフスポット「ムンダカ(Mundaka)」。

ロンボク島(インドネシア)デザートポイントやタバルア島(フィジー)レストランなどと同じく、高速バレルのレフトハンダーとして有名なワールドクラスなサーフスポットでした。現在は昔ほどのクオリティではないのですが…。

今回の動画は、年明けの2017年1月1日にスウェルが入ったムンダカでのセッション映像をお届けします。


スポンサーリンク



昔は400メートルほどのバレルライドが可能であったと言うスーパーロングレフトのムンダカ。当然、それだけのサーフスポットだったのでワールドツアーイベントの会場となっていました。

しかし、変化が起きたのは2003年に始まった浚渫工事。海底の地形に大きな影響を及ぼす浚渫により、ムンダカのパーフェクトウェイブは姿を消し、2005年にはツアーイベントもキャンセル。

2006~2007年にはツアーイベントが開催されたものの、その後はツアーイベント会場から姿を消すこととなりました。

通常であれば、人間が自然に手を加えたサーフスポットは完全消滅することが多いのですが、昔ほどのロングバレルとは行かないものの、今でもムンダカではバレルがブレイクしています。

新年一発目のセッションには、ハードコアトラベラーのケパ・アセロ、元ワールドツアーサーファーのアリッツ・アランブルに加え、ローカルが多く参加したとのこと。

以前に比べると圧倒的にクオリティを落としたと言われるムンダカですが、今でも十分グッドウェイブであると感じるのは私だけではないでしょう。

フリーサーフの関連記事
  • スケルトンベイ並みのラインナップが広がる米国ノースカロライナ州ハッテラス島
  • スチュアート・ケネディ
    気になるサイファイ(スレーターデザインズ)でスチュアート・ケネディがフリーサーフ
  • ミックのバレルタイム&バレルに関する英語表現
  • アリッツ・アランブルがロードトリップ!スペインやフランスでヘビーバレルセッション
  • 夏のサーフィンはボードショーツ
  • 五十嵐カノアなどクイックシルバーライダーのウォームアップセッション@2017年ローワーズ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事