カノアに続く南カリフォルニア発WCTサーファーになると期待されるジェイク・マーシャル

シェア(記事を気に入ればお願いします)

エンシニータス(南カリフォルニア)出身で若手サーファーのジェイク・マーシャル「Jake Marshall」(18歳)。

サーフ業界の中心地と言われる南カリフォルニアの若手サーファーは、環境に恵まれていることも理由の一つだと思いますが、若い内にフリーサーファーの道を選ぶサーファーも多いのですが、コンテストシーンにおいて精力的に活動するジェイク。

今回の動画は、ジェイク・マーシャルによるホームでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



南カリフォルニアの若手サーファーの中で、次期ワールドツアーサーファーと期待される逸材のジェイク。

個人的にも、ジェイクとグリフィン・コラピント「Griffin Colapinto」(18歳)の二人がコンテストシーンにおける南カリフォルニアの若手スターサーファーだと感じます。

レールサーフィンで魅せるグロムのオアフ島ノースショア動画:グリフィン・コラピント

ちなみに、南カリフォルニア出身の若手で言えば五十嵐カノアも同様ですが、現在のジェイクやグリフィンと同じ18歳でワールドツアー入りを決めた実績を振り返ると、半端じゃない偉業ですね。

ジェイクに話を戻すと、猫背な体勢から繰り出すボトムターンといったサーフスタイルを見ていると、タジ・バロウを連想してしまうのは私だけではないでしょう。

*ジェイク・マーシャルの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

The Young Professionals チャプター2:ジェイク・マーシャル

若くしてパワーサーファーとして成長するジェイク・マーシャル

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)