• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

ゴールドコースト(オーストラリア)のバーレーヘッズで週末に開催されたイベント「シングルフィンフェスティバル(Single Fin Festival)」。

今年で20周年となった同イベントは、スラスター一色となっていた20年前、「古いボードを使って何かスペシャルなことができないか?」という発想からバーレー・ボードライダーズがスタートさせたイベントです。

今回の動画は、シングルフィンフェスティバルで優勝した元ワールドチャンピオンのジョエル”パーコ”パーキンソンによるファイナルでのライディング映像をお届けします。


スポンサーリンク



同イベントで使用されるシングルフィンは、いずれも1985年以前にシェイプされたという筋金入りのヴィンテージボード。折れてしまう可能性を考えると、乗るのも怖いですね…。

ゴールドコーストという場所柄もあり、参加者が非常に豪華です。優勝したパーコ以外では、普段はコンテストに出場しないフリーサーファーが数多く参加しています。

今年で言えば、クリード・マクタガート、ショーン・マナー、ボー・フォスター、エリス・エリクソン、ルーク・ハインドなど。元ワールドツアーサーファーのマット・ホイも参加したとのこと。

ヴィンテージボードという点を考えると、性能面では確実にモダンボードの方が乗りやすいはずなのですが、パーコのライディングを見る限り、上手いサーファーは何に乗っても上手いですね。

ちなみに、パーコが乗っているボードは、アラン・バーンがシェイプしたホットスタッフサーフボードのチャンネルボトムだそうです。

イベントの関連記事
  • ナザレ開催となったポルトガルの2016年招待制ビッグウェイブイベント「パーフェクト・チャプター」
  • 2015年度ビッグウェイブイベント「リップカール・カップ・パダンパダン」のフォーマット
  • 2015年度サーファーポール(SURFER Poll)の結果
  • 2015/2016年シーズン豪ビッグウェイブアワードの受賞者発表
  • キャッチサーフのスポンジボードでショアブレイクを攻めるイベント@南オーストラリア
  • ニクソンによる機能性無視な奇天烈なボード揃いのコンテスト「The Weird」@エフカイ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事