スモール~ビッグサイズまで攻めるミゲル・トゥデラの2016年ハワイ特集動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

コンテストサーファーでありながら、オアフ島ワイメアのエディイベントで優勝したジョンジョン・フローレンス、トドス・サントス(メキシコ)のBWT(ビッグウェイブツアー)イベントで優勝したジョシュ”カージー”カー。

ジョンジョンやカージーのよう、最近ではコンテストサーファーとビッグウェイブサーファーのジャンルに縛られることのないサーファーが増えています。そんなサーファーの一人がミゲル・トゥデラ「Miguel Tudela」(22歳)。

今回の動画は、ミゲル・トゥデラが2016年にハワイで見せたフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



コンテストシーンにおいては、あまり馴染みのない南米ペルー出身のミゲル。しかし、ジュニア時代に招待制のBWTイベントに出場したりと知る人ぞ知る若手サーファー。

動画では、スモールコンディションでのエアリアルといったハイパフォーマンスサーフィンから、パイプラインでのビッグバレル、さらにはワイメアやマウイ島ジョーズでのチャージまで収録。

数年前であれば、コンテストサーファーとビッグウェイブサーファーは完全に棲み分けされていて、ウォーターマンと呼ばれるカイ・レニーといった一握りのサーファーのみ、ハイパフォーマンスとビッグウェイブの両方をこなすといった印象でした。

しかし、確実に時代は変わってきていて、プロサーファーに求められるスキルの多角化が進んでいるように思えます。

*ミゲル・トゥデラに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

南米ペルー出身ミゲル・トゥデラによる2015年のフリーサーフ動画

若手ペルー人サーファーのフリーサーフ:ミゲル・トゥデラ

ラテンアメリカ出身サーファーによるノースショアセッション

ラテンアメリカ出身サーファーによるメキシコセッション

ラテンアメリカ出身サーファーによるコスタリカセッション

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)