• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

via Vimeo

「One Man One Wave(一本の波に乗るサーファーは一人)」と言うサーフィンの基本ルールとは異なり、みんなで一本の波をシェアするという考えのパーティーウェイブ。

そんなパーティーウェイブの発展と言えるギネス世界記録「Most surfers riding the same wave」というカテゴリーがあり、現在の記録は2009年10月4日にケープタウン(南アフリカ)で認定された110名。

今回の動画は、カリフォルニアのラホヤで行われたギネス世界記録更新チャレンジの映像をお届けします。


スポンサーリンク



イベント主催者はサンディエゴを拠点とする非営利団体「Boys To Men」。同団体の活動は、父親のいない子供の非行率が高いことから、そういった青少年にコミュニティを提供すること。

そのための活動費を集める目的も兼ね、チャリティイベントとして開催されているのが今回のチャレンジ「1 Wave Challenge」。

今回のチャレンジの参加登録者は136名。幾度となくチャレンジを繰り返し、記録更新か?と思えた波をレビューして見るも103名。あと一歩という惜しい結果に終わりました。

ただし、あくまでもチャリティイベントなので結果だけにこだわる必要はないですよね。参加者みんなで楽しい時間を過ごし、誰かのためになるのなら非常に意義のあることだと思います。

同イベントは来年も再び開催予定。果たして、次はギネス世界記録を破ることができるのか注目です。

*ランドショット

*ドローンショット

公式サイト「Boy to Men

イベントの関連記事
  • 2015/2016年シーズン豪ビッグウェイブアワードの受賞者発表
  • 2015/2016年シーズン「タイタンズ・オブ・マーヴェリックス」の結果
  • 2014年度ビラボンXXLグローバル・ビッグウェイブ・アワードの結果
  • バリ島パダンパダン開催のビッグウェイブイベント「リップカールカップ@2016」
  • サーファーポール ワーストワイプアウト
    2015年度サーファーポールのワーストワイプアウト部門オンライン投票がスタート
  • 2015年の大晦日にローカルイベントを楽しんだタジ・バロウ@西オーストラリア

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事