• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

低価格であり、ボード表面が柔らかくて安全性が高いことから世界的な人気を博しているソフトトップボード(スポンジボード)。

ソフトトップボードと言えばアメリカのキャッチサーフが非常に有名。ジェイミー・オブライエンやカラニ・ロブを始め、数々の世界トップサーファーのシグネチャーモデルもリリースしていますから。しかし、これほど活性化している市場なので、キャッチサーフ以外にもブランドは存在します。

今回の動画は、オーストラリアのソフトトップボードブランドによるフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



今回の動画で紹介するソフトトップボードブランドは、オーストラリアの「マレットサーフボード(Mullet Surfboards)」。

同ブランドのサイトをチェックしてみると、扱っているボードはソフトトップのみ。長さのラインナップは、4'8"、5'2"、5'4"という3種類で短めです。

「あらゆるハイパフォーマンスサーフィンでの利用可能な多機能ソフトボード」がテーマということなので、短いボードしか扱っていないのでしょう。

現在、公式サイトからの発送はオーストラリア国内限定となっていますが、公式サイトでは各モデルや価格などを確認できるので、興味のある方はチェックして見てはいかがでしょうか。

ちなみに、今回の動画で使用されているモデルは「Fat Cat」で長さは4'8"。動画内でスイカが登場している理由は、ボードがニューカラーのスイカ色だからです(笑)。

公式サイト「Mullet Boards

サーフボードの関連記事
  • ボトム面にサメ除けデザインが施されたラスティのシャークアタック軽減サーフボードが誕生
  • デーン・レイノルズがミステリーボード試乗!どのシェイパーのボードを気に入ったのか
  • メイソン・ホーが乗るロストの4チャンネル入りモデル「Trouble Shooter」
  • ヘイデンシェイプスの小波ボード「Plunder」!クリードやクレイグのライディング動画あり
  • コルク&カーボン素材ボードでフリーサーフ:メイソン・ホー
  • ジョンジョンのシェイパーを務めるジョン・パイゼルとは!?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事