オバマ前大統領がカイトサーフィンに初挑戦!ヴァージングループ創業者と勝負

シェア(記事を気に入ればお願いします)

8年間に及ぶアメリカ大統領の任期を終え、先月政権交代したばかりのバラク・オバマ前大統領「Barack Obama」(55歳)。

オバマさんと言えば、学生時代をハワイで過ごしていたのでボディサーフィンをする写真が出回ったりとサーファーにとっては、何となく親近感を感じる方もいるでしょう。

今回の動画は、現在休暇中のバラク・オバマ前大統領がカイトサーフィンに初チャレンジしている映像をお届けします。


スポンサーリンク



オバマさんが訪れたのは、ヴァージングループ創業者であるリチャード・ブランソン「Richard Branson」(66歳)が所有するイギリス領ヴァージン諸島にあるプライベートアイランド。

下記リンク先の過去記事で触れた島でしょう。

40メートルの高さから空へと舞うカイトボーダー!信じられないジャンプ動画

同島でオバマさんが初挑戦したのはカイトサーフィン。ただ、オバマさんだけが練習に励んでも面白くないと考えたのがリチャード。

「ずっとハイドロフォイルボードを練習したいって思ってた。そこで、僕がハイドロフォイル、バラク(オバマ)がカイトサーフィンで、どっちが先に長い距離を乗れるようになるか勝負することにしたんだ」。

2日間の練習の末、最終日に成果を披露した映像がネットで公開されました。結果については動画からチェックして下さい。

*ハイドロフォイルボードに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

レイアード・ハミルトンが水中翼を装着したSUPで空中ライディング

カイ・レニーが空飛ぶライディングを楽しめるハイドロフォイルボードにトライ

カイトボーダーが海でアラジンの魔法の絨毯を再現