• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

via vimeo

スケーターやサーファーを被写体とするフィルマーのレイン・ストラットン(Layne Stratton)。

世界トップサーファーを撮影するためならどこであっても移動するので、これまでに訪れたロケーションや撮影したサーファーの数はおびただしい数になるはず。そこで、レイン本人が自分が撮影した動画の中からお気に入りを選んで作ったハイライト映像を公開しました。

今回の動画は、レイン・ストラットンによる8つのロケーションで撮影された4分間のハイライト映像をお届けします。


スポンサーリンク



レインによると、ロケーションはポルトガル、カリブ海、プエルトリコ、南アフリカ、モロッコ、イスラエル、インドネシア、オーストラリアの8カ国。

上記ロケーションには記されていませんが、動画を見ると後半ではスラブ(slab:底ボレするバレル)レフトで有名なチョープー(タヒチ)のシーンもあります。なので、実際には9カ国ですね(笑)。

チョープーシーンの一本目はバーロン・マミヤ、二本目からジャック・ロビンソンとなり、ジャックのライディングは必見です。

他には、パナマのカリブ海側で撮影されたルーク・デイヴィスやイアン・クレーンのライディングなど見所満載。

個人的にはスローモーションを多用している動画は飽きてしまうことが多いのですが、今回の動画は見応えがありました。

サーフトリップの関連記事
  • マーク・ラコマレがQSイベントの合間にアイルランドへとストライクミッション
  • パナマのビーチブレイクセッション:ダスティ&ヤディン
  • 孤高の単独サーフトラベラー/ケパ・アセロが追い求めた黄金郷@ラテンアメリカ
  • ブレント・ドリントンによるオーストラリア東海岸ロードトリップ
  • フィリペやヤゴなどブラジリアンによるインドネシアのメジャーエリアトリップ@2016
  • タスマニア(オーストラリア)近くの寒冷地へとコナーとソリの若手オージーがトリップ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事