• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

大手サーフボードブランド「チャネルアイランズ」のお膝元であるサンタバーバラ(カリフォルニア)。そんなサンタバーバラで開催されているローカルコンテストの一つがリンコンクラシック(Rincon Classic)。

数々のサーフスターを輩出しているサンタバーバラだけに、リンコンクラシックはローカルコンテストでありながら、プロ部門には豪華な顔ぶれが出場するとあり注目のイベントとなっています。

今回の記事は、デーン・レイノルズも出場して先日開催されたリンコンクラシックのハイライト映像をお届けします。


スポンサーリンク



リンコンクラシックという名前の通り、会場となっているのはカリフォルニアを代表するポイントブレイクの一つであるリンコン。

34年の歴史を持つ同イベントは、これまでにトム・カレン、ジョー・カレン、デーン・レイノルズ、ボビー・マルティネス、コナー・コフィンといった有名サーファーが出場しています。

今年出場したのは、メジャーどころで言うと元WCTサーファーのデーン・レイノルズやナザニエル・カランなど。そんな中、優勝を果たしたのは今年で6度目のタイトル獲得となったキリアン・ガーランド。

ローカルコンテストでありながら、リンコンの素晴らしい波で繰り広げられたハイレベルなプロ部門のハイライト映像をチェックして見て下さい。デーンも登場しています。

*プロ部門の結果

1. Kilian Garland
2. Kellen Ellison
3. Adam Lambert
4. Nathaniel Curran

*イベント詳細については、下記リンク先から公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「Rincon Classic

コンテストの関連記事
  • 2014年度ASPウイメンズワールドツアー第六戦バンズUSオープン・オブ・サーフィン:三日目ハイライト
  • 2016年WSLのウイメンズ部門ワールドチャンピオンに輝いたタイラー・ライトの軌跡
  • パイプマスターズを振り返ろう!これまでのベストライドとワーストワイプアウト
  • 2016年WCT第十戦「マウイ・ウイメンズ・プロ」の最新波予報
  • 2014年度サーフフェスト・オーストラリア:四日日ハイライト
  • 2014年度ASPワールドツアー第三戦リップカール・プロ・ベルズ・ビーチ:一日目ハイライト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
エンターテイメント
今作でシリーズ第三弾を迎える人気作品のWho is JOB。タイトル通り、オアフ島ノースショア出身でパイプラインの申し子とも言えるジェイミー...