• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

via vimeo

世界トップレベルのライトハンダーとして、ワールドツアーイベントの開催地となっている南アフリカのJベイ(ジェフリーズベイ)。

スウェルさえ入れば、まっさらなキャンバスさながらのオープンフェイスが広がり、どのようなラインを描くかはサーファーのイマジネーション次第。広大なオープンフェイスに加え、セクションによってはバレルもありといった欲張りな波ですね。

今回の動画は、スタイルがまるで異なるオージーサーファー二名が、昨年Jベイを訪れた際のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



Jベイを訪れたのはショーン・マナーズとジャック・リンチ。ショーンは、人気フリーサーファーのクリード・マクタガートの弟分といった感じの存在なので、モダンハイパフォーマンス系サーファー。

一方のジャックは、今回の動画ではミッドレングスに乗ったりとスタイリッシュなオルタナティブ系サーファー。

Jベイはショートボードのワールドツアーイベント開催地であることから、ショートボードで波のトップとボトムをキレイに使ったカーヴィングが合うといったイメージを連想しがちではないでしょうか。

しかし、フリーフリクションのデレク・ハインドが愛して止まないサーフスポットでもあるJベイ。

フリーフリクション(フィンレス)で独自のサーフワールドを形成するデレク・ハインド

ハイパフォーマンスとグライドのどちらも映える波質に、人気の高さが伺えると感じさせられる動画となっています。

サーフトリップの関連記事
  • ジョエル・チューダーの2016年ダクト・テープ&会場までのロードトリップ
  • スタイルのオジーとバーチ、エアーのミッチとヤゴが見せるメンタワイでのフリーサーフ
  • メキシコのビーチブレイクが舞台のヘビーバレル:イマノル・エレヒ
  • ニック・ローザ
    シーズン中のインドネシアを訪れたニック・ローザのシメルー島トリップ
  • 楽しそうな雰囲気が伝わるアラナとレイラのサーフトリップ動画@ゴールドコースト
  • 9月終わりからバリ&ロンボクの2週間トリップ動画:ヤゴ・ドラ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事