• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

via vimeo

ハワイを除くアメリカ本土出身の若手プロサーファー。近年ではフリーサーファーの道を選ぶものが増えているため、WCTサーファー数は減少しています。

そんな時代において、コンテストシーンでの活躍を期待され、WCT入りを果たしたのが北カリフォルニアのナット・ヤング「Nat Young」(25歳)と南カリフォルニアのコロヘ・アンディーノ「Kolohe Andino」(22歳)。

今回の動画は、ナット・ヤングとコロヘ・アンディーノによる今冬のカリフォルニアで撮影されたフリーサーフィン映像をお届けします。

スポンサーリンク


二人がワールドツアー入りした年は、コロヘが2012年、ナットが2013年。ナットは残念ながら、昨年2016年シーズンのWCTランクが23位となり、1ランク差でワールドツアー残留を逃しました。

ただし、WCTで1ランク差でのツアー落ちなので、怪我などによりツアーイベントを欠場するサーファーの代理となるリプレイスメント出場の機会は多々あることでしょう。

そんなコロヘとナットによる北カリフォルニアでのセッション動画。撮影は3日連続で1日9時間行われたりと、かなりハードスケジュールだったそうです。

ただし、長時間撮影により、素晴らしいライディング映像が詰まった内容となっています。レギュラーフッターのコロヘ、グーフィーフッターのナットと、どちらのスタンスのサーファーにも参考になるのも良いですね。

*コロヘ・アンディーノとナット・ヤングの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

コンテストシーンにおけるコロヘ・アンディーノを映し出したプロファイナル動画

ナット・ヤングによる2016年オフシーズンのフリーサーフ動画@北カリフォルニア

フリーサーフの関連記事
  • ブラッド・ドンキーによる2週間のトリップ@プエルト・エスコンディード
  • ローワーズでのウォームアップサーフ:タジ・バロウ
  • コンテストでも勢いに乗るコロヘ・アンディーノのフリーサーフ
  • コロヘ・アンディーノがJベイのクラシックコンディションで見せるレールサーフィン
  • フィリペ・トレドのコンテスト&フリーサーフ動画@2016年Jベイ(南アフリカ)
  • 新たな思想を持つフリーサーファー:へクター・サンタマリア

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事