ジョーディ・スミスがケープタウン(南アフリカ)にナイトクラブをオープン

シェア(記事を気に入ればお願いします)

昨年2016年シーズンのワールドツアーランク2位に輝いた南アフリカ出身のジョーディ・スミス「Jordy Smith」(29歳)。

今後のさらなる活躍も期待されますが、アスリートであれば必ず引退の時期がきます。そこで、ジョーディがスタートしたジョイントベンチャーがナイトクラブ。

今回の動画は、ジョーディ・スミスが今月オープンしたばかりのナイトクラブを自ら紹介する映像をお届けします。


スポンサーリンク



現在はカリフォルニアを拠点にしているジョーディ。しかし、ナイトクラブをオープンした場所は、ホームである南アフリカのケープタウンです。

ジョーディとパートナーを組んだのは元BWT(ビッグウェイブツアー)ワールドチャンピオンのグラント”ツイギー”ベイカー、そして、二人の友人でありレストラン経営者のレグ・マクドナルド。

ナイトクラブはとても興味深く、一つの建物の中でフロア別に3つの異なるコンセプトのバーが入っています。

1階に入っているのは「SurfaRosa」。こちらのコンセプトはサーフパンクテイストとなっていて、誰でも気軽に立ち寄れるパブのような雰囲気。

2階は「Harringtons」。クラシックなカクテルラウンジを備えたこちらは、シックなブティックバーといった雰囲気となっています。

最上階に位置するのは「District」。高級ナイトクラブの装い漂うこちらでは、プレミアイベントなども開催される場となっているそうです。

南アフリカのケープタウンを訪れる機会のある方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

参照記事:「#SURFHARD WITH JORDY SMITH

*ジョーディ・スミスの最新過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

来日したジョーディ・スミスを追った密着動画!サイン会やサーフセッションなど

ジョーディ・スミスがお蔵入りとなっていた過去1~2年のサーフ映像を放出

アーリーウープ×バレルのコンボが必見なジョーディ・スミスの最新動画

ジョーディ・スミスの2016年Jベイ(南アフリカ)イベント前のウォームアップセッション

ジョーディ・スミスから学ぶカーヴィングマニューバ「フロントサイドラップ」

ジョーディ・スミスのダーバン(南アフリカ)&モザンビークでのフリーサーフ動画

Traceを使ってジョーディ・スミスのパフォーマンスデータをチェック@ロッキー