• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

via vimeo

2012年にトリプルクラウンを制し、第二のアンディ・アイアンズと言われて2013年からワールドツアー入りしたカウアイ島(ハワイ)出身のシーバスこと、セバスチャン・ジーツ「Sebastian Zietz」(29歳)。

コンテストでは思うような成績を残すことができず、2015年シーズンはWCTランク26位でツアー残留を果たすことができませんでした。にも関わらず、昨年2016年は全てのWCTイベントに出場し、WCTランク12位となることに。

今回の記事は、セバスチャン・ジーツが昨年のツアーイベントに全出場できた理由、そしてフリーサーフィン動画をお届けします。


スポンサーリンク



シーバスが昨年のワールドツアーイベント出場できた理由は、簡単に言うとスチュアート・ケネディと同じです。

ツアーサーファーではないのにWCTランク19位でツアー残留を決めたスチュアート・ケネディ

昨年はリプレイスメントサーファーの3番手にいたシーバス。通常であれば、3番手で出場のチャンスが巡ってくることはほとんどありません。

しかし、シーズンのほぼ全イベントを見送ったオーウェン・ライトとビード・ダービッジ以外にも欠場者続きとなった昨年。そのため、シーバスに出場のチャンスが訪れたのです。

また、シーバス本人もWQS生活を望んでいなかったため、ツアー初戦前にはゴールドコーストに張り付き、まるでキャンセル待ちかのように欠場サーファーが出ないかどうか待機していたと言います。

そしてチャンスを掴んだシーバスは、WCTサーファー時代には果たせなかったワールドツアーイベント優勝を、WCTサーファーではなかった昨年のマーガレットリバーで果たしましたね。なんだか不思議な感じがしたのは、私だけではないでしょう(笑)。

そんなシーバスによる今回の動画。第二のアンディと呼ばれただけあり、ワイルドかつスタイリッシュなライディングに思わず見入ってしまいます。

*セバスチャン・ジーツの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

マーギーズプロのカーヴィングから一転!セバスチャン・ジーツのエアリアルサーフィン

パイプマスターズでの活躍に期待!フリーサーフ動画:セバスチャン・ジーツ

カリフォルニアからタヒチまでのフリーセッション:セバスチャン・ジーツ

オフシーズンの過ごし方:セバスチャン・ジーツ

2013年度WCTメンズno.16:セバスチャン・ジーツ

フリーサーフの関連記事
  • アーリーウープから540やパダンのビッグバレルなど@バリ:ジュリアン・ウィルソン
  • 米ニュージャージーで冬のストーム通過後のウインターセッション@2017年1月
  • フィリペ・トレドが見せるモダンサーフィン
  • フィリペ・トレド
    コンテスト界最強のエアリアルを見せるフィリペ・トレドのエアー特集
  • セバスチャン・ジーツの摩訶不思議な2016年ツアーストーリーとフリーサーフ動画
  • サンシャインコーストのローカルの実力とは!?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事