• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

ヤディン・ニコル Photo: Scotty Hammonds

世界には多々存在する癖波。波のフェイスが何段にもホレ上がる波であったり、バックウォッシュが入る波であったりと様々。

一般的にサーフィンでは、オフショアが軽く吹き付けるクリーンコンディションが良い波の条件の一つですよね。しかし、癖が強い波でありながら人気を集めて混雑するサーフスポットがあり、その一つがサンドスピット。

今回の動画は、1月終わりにスウェルが入ったサンドスピットで、五十嵐カノアなどがフリーサーフィンする映像をお届けします。


スポンサーリンク



カリフォルニアのサンタバーバラに位置するサンドスピット。サンドスピットの特徴は、強烈過ぎるバックウォッシュにあります。

このような波になったのは、サンタバーバラ港を保護するために建設された防波堤によるものだそうです。

ただ、バックウォッシュの印象が鮮烈ながら、良い波を掴むとゴールドコースト(オーストラリア)のキラのようなスーパーロングバレルも発生するサンドスピット。

そのため、ビッグサイズの西スウェルが入ると、動画からも分かる通り、混雑必至となるサーフスポットなのです。

今回の動画では、五十嵐カノア、ヤディン・ニコル、トム・カレンなどが登場。プロも狙う癖波をチェックして見て下さい。

フリーサーフの関連記事
  • ローワーズでのウォームアップサーフ:タジ・バロウ
  • ジョシュ・カーの愛娘/シエラ(9歳)がメンタワイ諸島で見せた今年2016年のフリーサーフ
  • ゴールドコーストのトラベルガイドを兼ねたクイックシルバーの2017年「Radical Times」
  • ミックとパーコが当てたオーストラリア東海岸のシークレットスラブ@2016/2
  • ブルース・アイアンズ オフザウォール
    オフザウォールでブルース・アイアンズが見せたバレルライド動画@2016/1
  • Epokheによるスローモーションのエアー映像:ディオン・アジアス

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事