バックウォッシュが強烈なサンドスピット!五十嵐カノアも登場のフリーサーフ@2017/1

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ヤディン・ニコル Photo: Scotty Hammonds

世界には多々存在する癖波。波のフェイスが何段にもホレ上がる波であったり、バックウォッシュが入る波であったりと様々。

一般的にサーフィンでは、オフショアが軽く吹き付けるクリーンコンディションが良い波の条件の一つですよね。しかし、癖が強い波でありながら人気を集めて混雑するサーフスポットがあり、その一つがサンドスピット。

今回の動画は、1月終わりにスウェルが入ったサンドスピットで、五十嵐カノアなどがフリーサーフィンする映像をお届けします。


スポンサーリンク



カリフォルニアのサンタバーバラに位置するサンドスピット。サンドスピットの特徴は、強烈過ぎるバックウォッシュにあります。

このような波になったのは、サンタバーバラ港を保護するために建設された防波堤によるものだそうです。

ただ、バックウォッシュの印象が鮮烈ながら、良い波を掴むとゴールドコースト(オーストラリア)のキラのようなスーパーロングバレルも発生するサンドスピット。

そのため、ビッグサイズの西スウェルが入ると、動画からも分かる通り、混雑必至となるサーフスポットなのです。

今回の動画では、五十嵐カノア、ヤディン・ニコル、トム・カレンなどが登場。プロも狙う癖波をチェックして見て下さい。