キャロリン・マークスが家族とルーツのギリシャへ!フリーサーフ映像も収録

シェア(記事を気に入ればお願いします)

キャロリン・マークス Photo: Nathan Adams

若手ウイメンズサーファーの中でも、確実にワールドツアーサーファーとなり、次期ワールドチャピオンと囁かれているのがフロリダ出身のキャロリン・マークス「Caroline Marks」(15歳)。

2015年にローワー・トレッスルズで開催されたWCTイベント「スウォッチプロ」において、史上最年少となる13歳でワイルドカード出場したことは記憶に新しいですね。

今回の動画は、キャロリン・マークスが家族とともに、ルーツであるギリシャを訪れた際のフリーサーフィンなどの映像をお届けします。


スポンサーリンク



移民大国のアメリカ。例に漏れず、キャロリンのルーツは母方の祖母がギリシャ育ちと言います。その祖母は昨年他界。そこで、家族揃ってルーツを辿る意味も込め、ギリシャを訪れたとのこと。

ギリシャは地中海に面したエリアなので、なかなかグッドウェイブは期待できませんが、移動に移動を重ねて、何とかサーフ可能なコンディションのサーフスポットを見つけたそうです。

さて、少しキャロリンの話をすると、以前のメインスポンサーはフォックスでしたが、フォックスは昨年、サーフ部門から撤退しました。

そして、キャロリンの現在のメインスポンサーはロキシーとなっていますね。コンテスト界で圧倒的な実績を上げているキャロリンなので、多くのブランドが狙っていたことでしょう。

そんなキャロリンも15歳。本気でWQSイベントを転戦すれば、今季にでもワールドツアー入りを決められる可能性は十分にあると思いますが、意外にも本人にはその気がなし。

あと1~2年はアマチュアイベントに参加して、その後にワールドツアーへのクオリファイ、ワールドチャンピオンを狙うそうです。

参照記事:「Surf the Greek Isles With Caroline Marks

*キャロリン・マークスに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

スウォッチプロでのワイルドカード出場で最年少記録更新:キャロリン・マークス

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)