バリや中米など波質の異なる3つの島を訪れたマイケル・ダンフィーのウインタートリップ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

アメリカ東海岸のバージニアビーチ出身でクイックシルバーライダーのマイケル・ダンフィー「Michael Dunphy」(26歳)。

東海岸出身のコンテストサーファーとしてはトップレベルで、2014年にはWQSランク27位をマークしています。

今回の動画は、マイケル・ダンフィーが今冬、国の異なる3つの島へとトリップした際のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



マイケルが訪れたのは、インドネシアのバリ島、中米パナマのボカス・デル・トロ、カリブ海のシークレットエリアの3箇所。

波はバラエティに富んでいて、強烈なスラブ(slab:底ボレするバレル)系のバレルから、アクション系の波とタイプは異なるものの、全てに対応しています。

コンテストサーファーであっても、コンテスト最高峰のワールドツアー入りをすれば、タヒチ、フィジー、ハワイといったヘビーウェイブでコンテストが開催されるので、オールラウンドであることが求められるのですね。

バレル、エアー、ターンなど全てが含まれた動画ですが、個人的にはターンが印象的なサーファーです。