• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

オーストラリアのゴールドコーストで3月14日からウェイティングピリオドがスタートとなるWSL(ワールドサーフリーグ)によるワールドツアーイベント初戦のクイックシルバープロとロキシープロ。

開催まで2週間を切った本日、ワールドツアーのタイトルスポンサーであった韓国のサムスン電子とWSLのパートナーシップ解消というニュースが飛び込んできました。

今回の記事は、海外サーフメディアが報じているWSLとサムスンの契約解消に関する内容をお届けします。


スポンサーリンク



ここ数年、WSLのショートボード部門におけるワールドツアーのタイトルスポンサーを務めていたサムスン電子。選手のコンテストジャージには、「Samsung Garaxy」の文字がありましたね。

言ってみれば、ワールドツアーのメインスポンサーといった感じだったのでしょう。

しかし、サムスン電子と言えば昨年、「ギャラクシーノート7」の発火事故が大きな問題となりました。また、現在は汚職疑惑の捜査と、ネガティブなニュースが続いています。そんな中での今回のニュース。

サーフラインや豪トラックス誌がWSLサイドに確認したところ、サムスンとのパートナーシップ解消を認めたうえで、現時点においてタイトルスポンサー枠は空いているとのこと。

ワールドツアーの過去を振り返ってみると、世界的な不況の煽りを受けてスポンサーの付きにくくなっていた2011~2012年、ウイメンズのツアーは8月のUSオープンをもってシーズン終了という時期もありました。

果たして、タイトルスポンサーを失ったことでワールドツアーイベントに影響を及ぼすことになるのか、または新たなスポンサーが名乗りを上げてくるのか注目です。

ニュースの関連記事
  • USオープンでフィリペのインターフェア再び:五十嵐カノアの大先輩シンポの見解
  • 2015年シーズン:怪我に苦しむジョーディ・スミスの完全復帰はあるのか?
  • CJ&ダミアンのホブグッド兄弟が呼びかけるクラウドファンディングの驚愕の特典
  • オープン未定となっている米ウェイブプール「Nランド」にNYタイムズが潜入
  • 2015年度WSLメンズWCTメンバーが決定
  • ミック・ファニングのフィジーイベント出場決定!ミックの現在の動向は?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
サーフトリップ
前回のアフリカ編1~3に続き、今回は第四弾となります。これまでのアフリカ編については、下記リンクを参照して見て下さい。 進め!ケパ・アセロ:...