アリ・ブラウンが見せるフィンレスボードでのハイパフォーマンスサーフィン

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

サーフィンにおいてターンの支点となるフィン。フィンの枚数もスタイルや波質によって使い分けられ、シングルフィン、ツインフィン、トライフィン、クアッドと様々。

しかし、フィンのないフィンレスボードを好むサーファーもいますね。そんなフィンレス愛好家の一人が、オーストラリアのバイロンベイをホームとするアリ・ブラウン(Ari Browne)。

今回の動画は、アリ・ブラウンによるインドネシアのバリ島でのフィンレスボードによるハイパフォーマンスサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



「free-friction」とも呼ばれるフィンレスボードでのサーフィン。その意味は、水中に沈んだ状態のフィンがないので、摩擦がないということ。

余談ですが、海外では「smoke-free area」と看板に記載された場所があります。これは「自由に煙を出しても良い」という喫煙所の意味ではなく、「煙なし」という禁煙エリアを意味します。

話をフィンレスに戻すと、メリットとしては抵抗がないのでスピードが出やすく、デメリットとしては舵となるフィンがないので非常にルースで横滑りしやすくなります。

横滑りしやすい点はライディング中の安定感が失われるので、通常のフィンありボードに乗るサーファーにとってはデメリットとも言えるのですが、そのデメリットをメリットにしたサーフィンを見せるのがアリ・ブラウン。

フィンレスボードライダーの代名詞と言えば、Jベイ(南アフリカ)でグライドを楽しむデレク・ハインド、ビッグウェイブにチャージするブラッド・ドンキーといった存在がいます。

そんな中、アリもオリジナルの分野を確立したサーファーと言えるのではないでしょうか。フィンレスを思いのままに操るライディングは圧巻です。

*アリ・ブラウンの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

面白い実験ボードやフィンレスでスピンしまくるアリ・ブラウンのフリー過ぎるサーフ