• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

via vimeo

サーフィンにおいてターンの支点となるフィン。フィンの枚数もスタイルや波質によって使い分けられ、シングルフィン、ツインフィン、トライフィン、クアッドと様々。

しかし、フィンのないフィンレスボードを好むサーファーもいますね。そんなフィンレス愛好家の一人が、オーストラリアのバイロンベイをホームとするアリ・ブラウン(Ari Browne)。

今回の動画は、アリ・ブラウンによるインドネシアのバリ島でのフィンレスボードによるハイパフォーマンスサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



「free-friction」とも呼ばれるフィンレスボードでのサーフィン。その意味は、水中に沈んだ状態のフィンがないので、摩擦がないということ。

余談ですが、海外では「smoke-free area」と看板に記載された場所があります。これは「自由に煙を出しても良い」という喫煙所の意味ではなく、「煙なし」という禁煙エリアを意味します。

話をフィンレスに戻すと、メリットとしては抵抗がないのでスピードが出やすく、デメリットとしては舵となるフィンがないので非常にルースで横滑りしやすくなります。

横滑りしやすい点はライディング中の安定感が失われるので、通常のフィンありボードに乗るサーファーにとってはデメリットとも言えるのですが、そのデメリットをメリットにしたサーフィンを見せるのがアリ・ブラウン。

フィンレスボードライダーの代名詞と言えば、Jベイ(南アフリカ)でグライドを楽しむデレク・ハインド、ビッグウェイブにチャージするブラッド・ドンキーといった存在がいます。

そんな中、アリもオリジナルの分野を確立したサーファーと言えるのではないでしょうか。フィンレスを思いのままに操るライディングは圧巻です。

*アリ・ブラウンの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

面白い実験ボードやフィンレスでスピンしまくるアリ・ブラウンのフリー過ぎるサーフ

フリーサーフの関連記事
  • 2016年Jベイ・オープンのウォームアップセッション&出場サーファー情報
  • パイプラインでも一目置かれるジャック・ロビンソンがヘビーバレルに強いルーツ
  • シューズ/アパレルブランド「Reef」がお届けするサーフムービー「De Passage」
  • 2ヶ月に渡るインドネシアトリップで当てた波の数々:ソリ・ベイリー
  • テンション高いシーバスがマーガレットリバーでフリーサーフ@2017年マーギーズプロ期間
  • これで15歳!?WCTサーファーの弟で次世代ブラジリアンのサミュエル・プポ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事