ツアールーキーとなるイーサン・ユーイングの2016年コンテストのハイライト動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via Ethan Ewing’s Instagram

ジュニア世代の若手サーファーでありながら、今シーズンのワールドツアーにルーキーサーファーとして参戦するオーストラリア出身のイーサン・ユーイング「Ethan Ewing」(18歳)。

昨年シーズン中盤のUSオープンで準優勝してからワールドツアー入りの可能性が囁かれ、トリプルクラウンでも成績を残したことでWQSランク2位となってのツアー入りですね。

今回の動画は、2016年コンテストシーンにおけるイーサン・ユーイングのハイライト映像をお届けします。


スポンサーリンク



ジュニア世代ということで、昨年はジュニアイベントとWQSイベントの両方に参戦していたイーサン。年間の出場数は計26イベントにも及びます。

およそ11ヶ月間で26イベントに出場しているので、単純計算で月に2イベント以上の出場となります。そんなタイトスケジュールの中、ジュニアイベントには8回出場し、半分の4回は優勝。

WQSではハイエストグレードとなるQS10,000イベントに関しては、USオープンで準優勝、南アフリカのバリトプロで5位、トリプルクラウンの2イベントでクオーターファイナル敗退の13位という成績でクオリファイを決めました。

また、年が明けて今年頭に開催されたワールドジュニアチャンピオンシップでは優勝を果たし、ワールドジュニアタイトル獲得という勝負強さを見せましたね。

そんなイーサンにとって、サーフィンにおけるモットーはスタイル重視。今回の動画からも、フローの途切れないスムーズかつスタイリッシュなライディングが目立ちます。

*イーサン・ユーイングに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

WJC優勝のイーサン・ユーイング!WCT入り後のジュニアタイトル獲得は3人目

18歳でWCT入りの可能性が高いイーサン・ユーイングの西オーストラリアトリップ

ビラボン若手ライダーによるレイキーピークでのフリーセッション

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)