グリフィン・コラピントの16/17年シーズンのハワイ&インドネシアでのフリーサーフ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

昨年2016年シーズン、本格的にWQSイベントに参戦した初シーズンにしてWQSランク32位の成績を残したグリフィン・コラピント「Griffin Colapinto」(18歳)。

最近では、ビラボンライダーでありながらクイックシルバーライダーとWQSイベントでの行動を共にしているため、クイックライダーをフィーチャーしたシリーズ動画「スネークテールズ」でもお馴染みのサーファーですね。

今回の動画は、グリフィン・コラピントのウインターシーズンのオアフ島(ハワイ)ノースショアでのライディングをメインとした映像をお届けします。


スポンサーリンク



グリフィンにとって、昨シーズンは初めて本格的にWQSイベントに出場した年であったので、大半のサーファー同様、翌シーズンにグレードの高いイベントへの出場権を得るため、目標はトップ100入りだったと思います。

しかし、結果を見れば32位という好成績。ヤゴ・ドラみたいな感じで、グリフィンもコンテストシーンにおいてずば抜けた才能を持っていますね。今季大注目のWQSサーファーであることに間違いありません。

そんなグリフィンによるフリーサーフィン動画。動画のメインはパイプライン、ハレイワ、オフザウォールなどオアフ島ノースショアですが、途中でインドネシアでの映像も少しだけ含まれています。

ちなみに、今回の動画公開に伴い、WSLがショートインタビューを行っているので興味深かったポイントを少し紹介します。

グリフィンにとってのホームブレイクはローワーズ(ローワー・トレッスルズ)。そのローワーズで最も遭遇するサーファーはコロヘ・アンディーノと言います。

グリフィンがどんなに朝早くローワーズに着いても、すでにコロヘがいるとのこと。ちなみに、コロヘは夜明け前からローワーズにやって来て、カントリーミュージックを聞きながらテンションを上げていることもあるそうです。

ワールドツアーにおいて昨年から勢いに乗れるようになったコロヘ。その活躍の陰には、日々の努力があったからこそと分かるエピソードではないでしょうか。

コンテストシーンにおけるコロヘ・アンディーノを映し出したプロファイナル動画

*グリフィン・コラピントの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

グリフィン・コラピントとセス・モニーツの若手!コンテストで活躍した今季ハワイ動画

レールサーフィンで魅せるグロムのオアフ島ノースショア動画:グリフィン・コラピント

スピードが特徴の若手サーファーによるフリーサーフ:グリフィン・コラピント

ビラボンの若手がサリナクルス(メキシコ)へトリップ:ジョシュア/セス/グリフィン