• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

via vimeo

フリーサーファーのノア・ディーン、WCTサーファーのジョシュ”カージー”カーを看板ライダーとしていたサーフブランド「ラスティ」。

すでに二人がラスティから離れた話は知られていますね。この二人の代わりと言うのも言い方がおかしいかもしれませんが、ラスティには新たなチームライダーが加入しています。

今回の動画は、ラスティのニューフェイスによるハワイのオアフ島ノースショア映像をお届けします。


スポンサーリンク



ラスティのニューフェイスと言える存在は4名の若手サーファー。ハリー・ブライアント、ルーカス・シルヴェイラ、ノア・シュウェイザー、パマ・デイヴィス。

各サーファーの以前のメインスポンサーは、ハリーがマッド・ヒューイズ、ルーカスがクイックシルバー、ノアがボルコム、パマがポイント・ニーモ。

さて、以前の看板ライダーであったノアやカージーのことを思うと、ラスティはダイヤの原石を見つけるのが得意と言うか、先見の明があるように感じます。

二人とも才能あるサーファーではあったものの、ノアは若手フリーサーファーの中でトップに躍り出たと言っても過言ではなく、カージーはWCTでコンスタントに上位にランクするだけなくBWT(ビッグウェイブツアー)イベント優勝も果たした稀有な存在。

新たなチームライダーも、とんでもなく化ける可能性を秘めていると考えてしまうのは私だけではないと思います。

フリーサーフの関連記事
  • ボトムターンが参考になるバハ&レイキーでの映像:エヴァン・ガイゼルマン
  • シーズン中のクラマスに入った今年初のメジャースウェル
  • スモールサイズのクラウドブレイク(フィジー)でWCTサーファーがフリーサーフ@2016
  • QSイベントの合間にレオナルド・フィオラヴァンティがフリーサーフ@ガリシア(スペイン)
  • リップカール・プロ・ベルズ後のフリーサーフ:ジェレミー・フローレス&ジョンジョン・フローレンス
  • 南アフリカ出身若手サーファーによるJベイセッション

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事