• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

Photo: WSL

昨年2016年のワールドチャンピオンに輝いたハワイアンサーファーのジョンジョン・フローレンス「John John Florence」(24歳)。

メンズのジョンジョンに加え、ウイメンズのタイラー・ライトもまた、コーチを付けた事で初のワールドタイトル獲得に至った事実から、コーチングの重要性が再認識させられたシーズンではなかったでしょうか。

今回の記事は、WSLコメンテーターのロス・ウィリアムスが今シーズンにおけるジョンジョン・フローレンスのコーチを務めると発表されたので、内容についてお届けします。


スポンサーリンク



2015年からスタートしていたというジョンジョンのコーチ探し。昨年大活躍したタイラー・ライトやマット・ウィルキンソンのコーチである元WCTサーファーのグレン”マイクロ”ホールにも声が掛かっていたそうです。

結果的に、ジョンジョンのコーチとなったのは現役WCTサーファーのビード・ダービッジ。同じWCTサーファーがコーチというのも不思議な感じがしますね。

ビードは2015年12月にパイプラインで骨盤骨折し、2016年のハワイシーズンまでワールドツアーから戦線離脱していたという事情があってのことです。

ただ、今季のビードはコンテストに完全復帰となるので、ジョンジョンのコーチは不在となりました。昨シーズンのジョンジョンの安定した活躍を見る限り、もはやコーチは不要とも思えなくもありません。

なのですが、ジョンジョン本人は「まだまだコンテストにおいて学ぶべきことはたくさんある」と、さらなる高みを目指すコメントを残していたので、コーチ探しをしていたのです。

そして白羽の矢が立ったのが、元WCTサーファーで現WSLコメンテーターのロス・ウィリアムス。ロスは現在もコメンテーターとしてコンテストシーンを分析している上、ジョンジョンとはオアフ島ノースショアにてご近所さんで気心の知れた存在というのが大きなポイントでしょう。

今シーズンはフルタイムでジョンジョンのコーチを務めるというロス。コメンテーター業については、引退するわけではないということなので、パートタイムになるのかもしれません。

ちなみに、記事最後に載せている動画では、「ジョンジョンとのコーチ契約の条件は良いでしょう」とイジられるロス。以前にマイクロがスタブ誌に答えたインタビューによると、各自の条件については多少の差異はあるものの、一般的には獲得賞金の10%らしいです。

さて、新たなコーチを得たジョンジョンが2年連続のワールドタイトル獲得に向け、スナッパーロックスで好スタートを切るのか注目です。

ニュースの関連記事
  • 豪パースに建設予定のウェイブプールは障害者も利用できる施設作りへ
  • スピードボートに狙いを定めて襲いかかるカバ
  • フロリダで大盛況となったクリスマスイベント「サーフィン・サンタ」
  • 速報:開催予定だったピアヒ・チャレンジがキャンセル
  • レイアード・ハミルトンが口にしたシャークアタックに関する見解が女性差別とヒートアップ
  • サーフィン大国オーストラリアにあるママさんサーファー団体「サーフィン・ママ」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ニュース
海洋生物の食物連鎖の中で頂点に立つとも言われるサメ。そんなサメの中でも、映画「ジョーズ」のモデルとなっているホホジロザメは、人間の命を奪うほ...