ワールドクラスのサーフスポットにワールドクラスのサーファーが訪れれば、その結果はスーパーセッション。

メンタワイ諸島(インドネシア)の中でもA級スポットとして知られるレフトハンダーのマカロニ(通称:マッカス)。世界トップレベルのフリーサーファーであるデーン・レイノルズ「Dane Reynolds」(31歳)。

今回の動画は、デーン・レイノルズがメンタワイ諸島のマカロニで見せたバックサイドサーフィンの映像をお届けします。


スポンサーリンク


バレルありアクションありと、フロントサイドとなるグーフィーフッターにとっては死ぬまでに行きたいサーフスポットの一つに挙げられるはずのマカロニ。

そんなマカロニでのデーンによるバックサイドサーフィン。マカロニでのサーフシーンというわけで終始バックサイドになるのは当然ですが、デーンの動画ではかなりレアです。

訪れた時期については不明なのですが、クイックシルバーのステッカーは付いていないように見えるので、おそらく昨年辺りではないかと思います。

*デーン・レイノルズの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事