2017年CT初戦出場のハーレーチームによるフリーサーフィン動画@ゴールドコースト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

オーウェン・ライトの復帰戦優勝という形で終了した2017年度ワールドツアー初戦のクイックシルバープロ。同イベントで興味深かったのは、セミファイナリストのスポンサー。

ハーレーチームのジョンジョン・フローレンスを除くと、残り3名がリップカールチームだったのです。近年のメンズのランキング上位陣はリップカールとハーレーのライダーが多いですね。

今回の動画は、ゴールドコースト(オーストラリア)で開催されたツアー初戦に集結したハーレーライダーによるフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



今回出演しているハーレーライダーは、ジョンジョン・フローレンス、フィリペ・トレド、コロヘ・アンディーノ、エイドリアン”エース”バッカン、ジュリアン・ウィルソン、カリッサ・ムーア、レイキー・ピーターソン。

上記以外では、今回は出演していないミシェル・ボウレズもハーレーチーム。ミゲル・プポもハーレーチームでしたが、今年の頭に契約を解消し、現在のメインスポンサーはモンスターエナジーのようです。

それにしても、数多くのワールドツアーサーファーを抱えるハーレー。その理由は、以前にサーフィン界に進出してきた大手スポーツメーカー「ナイキ(Nike)」が多くのトップサーファーをライダーにしたものの、サーフィン界から撤退。

撤退する際に、ナイキの子会社であるハーレーへとナイキライダーが移籍したためです。

そんなハーレーライダーによるゴールドコーストでのフリーサーフ。ジョンジョンとフィリペがタンデムをするシーンなども収録されています。