短時間で効果あり!サーフィン前に行うウォーミングアップ動作

シェア(記事を気に入ればお願いします)

海に入る前のウォーミングアップ。波が良ければ、すぐさま海に飛び込みたくなるものですが、ウォーミングアップをするとしないのでは雲泥の差が出ると言います。

ワールドツアーイベントなどを見ていても、世界トップレベルのサーファーがウォーミングアップを行っているので間違いないでしょう。

今回の動画は、サーファーが教えてくれるサーフィン前にサクッとできてしまうウォーミングアップ映像をお届けします。


スポンサーリンク



サーファーであれば、グッドウェイブを目の前にしてじっくりと時間をかけてウォーミングアップするのは辛いですよね。

そこで今回のウォーミングアップは、短い時間で出来るウォーミングアップでありながら、非常に効果的な内容とのことです。

基本的に動画を見て頂いてそのまま真似をすれば良いのですが、少しだけ説明を加えます。

各動作の前に、ワークアウト名、回数、効果のある部位などが記載された画面が表示されます。以下のような感じです。

この中で、上段がワークアウト名となります。最も重要なのは下段の左側で、上記イメージでは「5 Reps each leg」の部分。「Reps」とは「Repetition」の略で、「5 Reps」とは「5回」と言う意味。

そのため、「5 Reps each leg」は右脚5回、左脚5回行うという指示になります。

動画0:32~0:40はダメなウォーミングアップ例なので、真似しないで下さい(笑)。実際のウォーミングアップ例は0:47~からスタート。

一番最後に表示される「Pushups」の動作例だけ、なぜか映像がありません。やらなくても分かるだろうとの判断かもしれませんが…。「Pushup」は「腕立て伏せ」のことで、脇を絞めた状態で10回とのことです。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)